IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
正月のこと
いつもお正月の前になると、母が「もうたいへんだからおせちを作ってこなくていいからね。」と言ってくるのが、気を遣っての言動であるのか、或いは本当に迷惑だから言っているのかが、いまいちかわからず微妙な心持ちになっていたが、昨年末は珍しく「期待している」と言われた。

基本的に、自分の行動を否定されると極端に落ち込み、期待されると調子に乗って頑張る性分であるので、母からの「期待している」というキラキラした言葉を受け、大掃除はだいたいでいい、おせちを頑張ろうという心持ちになった。
しばらくあまり頑張らないでおこうと、昨年は4品しか作らなかったのを、今回はあまり頑張り過ぎずにもうちょっと頑張ろうという体制で、各少なめで10品こさえた。


新年早々、まあいろいろあって、いろいろ考えさせられた新年の幕開けでありました。
『存在の耐えられない軽さ』ってどんなんだったっけなあ・・・

本年もよろしくお願いいたします。
| food | 2013.01.30 Wednesday 14:52 |
年末のこと-魅惑のシュトーレン
昨年のクリスマスはわりと仕事が早いうちに落ち着いたので、余裕ができ、あの肉〜も二種作れたし、シュトーレンもできた。

あの肉〜は、昨年流行に乗って作り始め、やたらめったら何にでも使う自家製塩麹を使ってみたのだけれど、やはり庶民のあの肉〜とは思えない感動の柔らかさを生み出していた。勿論もう一方のあの肉〜もしかり。

シュトーレン、打ち込んで変換すると「首都ー連」とちょっと族な感じでいつも出てくる。
何年か前に、このドイツの庶民のクリスマスケーキに出会ってから、これを作るようになった。

年齢が増すにつれ、あのクリスマスに売っている生クリームこってりの煌びやかなケーキに理不尽なものを感じ始めていた。
だいたい、クリスマスというのは肉料理を二種類こさえるほど調子に乗って作り、そして食べるわけで、ケーキに辿り着くまでに、満腹感は既に120%に達しており、ここであの雪のようなフワッフワ生クリームやらイチゴやらチョコレートでできたお家やらマジパンサンタクロースなどが集結した夢の共演的な世界観で攻めてくるデコラティブなホールケーキがドーン!と出て来きますとです。とりあえずはオ〜!と喜びとも驚きともとれないような微妙などよめきが起こり、これ、入るのか!?と焦る自分に笑ってしまいながらおかしな感じで頑張って食べる、という構図となるのであります。

夫の仕事の取引先の関係で、近所のスーパーから購入するはめになったとはいえ、ホールだからそこそこの値段はしている。これを頑張って食べるという空しさ。
そうかといって、おしゃれなケーキ屋さんのクリスマスケーキはこってりし過ぎないものを提供しているところもあり魅力的ではあるけれど、ホームパーティーを催すなど調子に乗っていない限り、買うのを躊躇する値段なのであります。

そんなクリスマスケーキに疑問を感じ始めたときに、このシュトーレンに出逢ったわけです。
砂糖まみれになった湯たんぽのような、やや雑な感じのお菓子。見た目と味のギャップがかなりのものだった。
バターとブランデーがしっとりと染み込み、ドライフルーツやナッツなどがいっぱい入った、みっちりお菓子。まわりにまぶされた砂糖も絶妙。
ドイツでは、これをクリスマスの一ヶ月前に作り、毎日少しずつスライスして食べながらクリスマスを心待ちにするという、地道な習慣で食するお菓子なのだそうだ。

この日持ちのする、しかも意外に美味しいクリスマスのお菓子は、若くない120%の胃にとても優しい。日本ならクリスマスに作ったとしたら、そこから少しずつスライスして食べながら、お正月を心待ちにするというスタイルがおしゃれなんではないか。

自分の持つレシピで作ると二つできるわけだが、意外に美味しいので、少しずつなど辛抱できず、正月までもつわけがない。
小布施栗の巨大な渋皮煮がはみ出したスペシャルシュトーレンであります。
| food | 2013.01.29 Tuesday 18:33 |
ニノミヤミホさんの個展

駒ヶ根市在住のBag作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランド「Green thumb」の展示会に行きました。

場所は駒ヶ根市の住宅街の中にある素敵なお庭のギャラリー「ワーズワース」。古い洋館のような佇まいで、奥の部屋がカフェになっている、とても暖かい雰囲気のギャラリーでした。

色とりどりの素敵バッグや、定番がま口のポーチやペンケースがたくさん並んでいました。
個展開始から早一週間でかなり品薄になってしまったらしく、急遽追加されたりしたようであります。
このしれっと何食わぬ顔で並んでいる作品たちの裏で、作家さんはてんやわんやしているのであります。
日曜日でニノミヤさんがいらして、いろいろ楽しくお話ができました。

そして既にパンク状態らしいオーダーメイド状況のところに、前から気になっていたデザインのバッグをと、むりくりオーダーをば入れさせていただきました。鬼かな・・・

ギャラリーを後にし、駒ヶ根の地でもう一ヵ所寄るところへ。

「三澤焼菓子店」
雑貨も売っている焼菓子屋さんです。実はIDLEDAYSポストカードを置いていただいて2年になります。
ここのお菓子はもう全部美味しい。バターたっぷりのリッチな味わいで、食べますと幸せな心持ちにしてくれるお菓子であります。
店主の三澤さんにお会いするのは2回目だけれど、超ド級の気さくさにかかり、ものすごく話しやす過ぎでついつい長居をしてしまう。

ああ〜美味しくて楽しい〜、駒ヶ根。ソースカツ丼もあるよ。

そして本日の戦利品。

| one day | 2012.11.14 Wednesday 03:27 |
Green thumb 展示会 裏DM

駒ヶ根市在住のBag作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランド「Green thumb」の駒ヶ根での展示会のDMを10月の愛媛での展示会に引き続き作成させていただきました。

こちらのモデルさん仕様の写真バージョンは裏DM。
撮影場所のノーノ分室のケイコさんが、いい娘がいますぜと紹介してくれた彼女。長身のべっぴんさんでホントのモデルさんのようでありました。

かわいい〜〜

デレデレと撮影したのでありました。

でも本採用の写真はこちらのダマスク柄のバッグの大人仕様の写真になりました。
丁寧な手仕事で作られた、とても美しいバッグです。


駒ヶ根の展示会は、明日から。
2012/11/3(土)〜17日(土)
Gallery ワーズワース http://wodsworth.exblog.jp/

| works | 2012.11.02 Friday 22:46 |
Green thumb 展示会 DMの仕事

「Green thumb」駒ヶ根市在住の布作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランドです。

ニノミヤさんとは2年前に「職人印」という合同展示会に参加させていただいた時にお知り合いになりました。
彼女は上質のリネンや、パンチの効いた素敵柄のファブリック、革を使ったバッグをオーダーメイドで制作しており、毎年数ヵ所で展示会を開いていらっしゃいます。

今年、彼女の出身地である愛媛県でも展示会を開かれるということで、そのDMを制作させていただきました。

DMに採用された写真のバッグは、ワシワシした手触りの革のトートバッグ。
像さんのお肌みたいだったから内布をアフリカンファブリックにしたのだと。
使い込まれたら味がどんどん出てきそうなワイルドバッグでした。いいなあ〜と思って鏡の前でめっちゃ持ってみました。

撮影用に他にも革使いの上品な大人のずた袋とか、がま口のボストンバッグなど、どれも素敵でして、もうあれもこれもいいなあ〜と思って鏡の前でめっちゃ持ってみました。

愛媛の展示会は、本日10/6(土)〜20日(土)でございます。 http://enowa-web.com

私の使っているGreen thumb


がま口のペンケースとコインケース
ペンケースはがま口になっていると本当に使い易い。ガバーっと開いて中の物が一目瞭然であります。いろんなものが入ります。内布が深いピンクのリネンというところも乙女心にグッとくるのであります。ピリッとした布選び、素敵です。

リネンのぐるぐるワンショルダーバッグ
地味な服ばかり着ている私に、差し色的に活躍しております。

心配性故、バッグの中にいろんな物を詰め込めるよう、いつも巨大なトートバッグばかり持ち歩いているので、このような極めて女性的なワンショルダー形式のバッグを持つとちょっと華やいだ気分になったりします。

よくバッグの中の物をゴソゴソと探し続ける場面があるのだけれど、この女性的な形のバッグにてスマートにゴソゴソやる方法が身についていない。
そもそもスマートな女性はゴソゴソの動作自体がないんだなと気づく。

| works | 2012.10.06 Saturday 14:41 |