IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
東日本の最西端にて
3月11日は年に2回の恒例春の検査で病院にいた。看護士さんから「先生がいらっしゃるまで横になって待っていてくださ〜い」と処置室のベッドに案内されて、いざ横になろうと靴を脱いでいたところに、ゆらゆらと地震がきた。長野はあまり地震がないので珍しい。天井から吊された点滴パックを引っかける重そうな鉄の棒が危なげにゆらゆら揺れて、それがとても長く続いて、ただならない空気が漂ったので靴を履いて逃げる準備をした。

3分くらいで揺れが止まり、ホッとした看護士さん達が「びっくりしたねー」とか「目眩かと思ったよー」とか軽く言葉を交わして通常業務に戻っていた。廊下ではものものしく放送が流れていた。そのうち口伝いで「宮城で震度7だって」と情報が入ってきた。震度7?

検査が終了して病院のロビーに行ったら、テレビの前に人だかりができていて、皆神妙な面持ちで報道に見入っていた。ヘリコプターからの映像で、広範囲に渡る田畑を津波が内陸に向かって押し寄せている。その先には道路があって車が走っていたり立ち往生していたり。少し高くなった道路に止まった大型トラックの周りには運転手らしき人がいて、慌てている様子もなく押し寄せる津波を見物しているようにも見えるけれど・・・
東北が大変なことになってしまっているらしい。

家に戻ってテレビを付けた。
上空からの津波の押し寄せる映像、燃えている石油タンク、家が流れて橋の欄干に激突している。何台もの車が滝壺に落ちたみたいに黒いしぶきとともにぐるぐる回転している。全部が流れている。 横浜ではビルから飛び出して来た人の脇をガラスや看板が落下している・・・

涙が出てくる。

500kmにも渡ってこうなっているんなら、日本はどうなってしまうんだろう。

東京に住む弟妹に電話をしてみたけれど、繋がらなかった。

------------

1ヵ月過ぎて、いろいろあって災害は未だ現在進行形だけれど、幸いなことに自分の住む町は放射線もあまり検知されないし、強い地震も来ていないから、生活は大きく変わっていない。節電を意識するようになったり、食品の産地をよくよく見るようになったことくらい。
デザイン会社に勤める夫の仕事にはすぐに影響が出て、悔しそうにしていた。浮き草稼業でやっている私のデザインの仕事も、全く来なくなるんじゃなかろうかと漠然と思っている。

新聞には毎日、「あのときまで」「14時46分から」「あのときから」と段落を区切って被災した方々の凄惨な30分間の証言が掲載されていて、読んでいると思わず涙がこみ上げてくるけれど、私のこんな涙は薄っぺらいものなのだと思う。新聞やテレビで傍観しているだけではやはり遠い。

自分にもいつかこんな災いが降りかかってくるかもしれない。原発問題に関してはすぐその辺にまで来ているかもしれない。
自分はその時咄嗟にどう行動するのか。
実際3.11には病院にいた。処置室には他にも検査の処置を待つ患者さんや点滴をしているお年寄りなど何人かいた。自分はぴんぴんしているのだから、動けない患者さんの避難を手伝うのだろうか。看護士さんに促されて患者として避難するのだろうか。それとも無情にも1階の部屋だから自分だけ勝手に窓から脱出するのだろうか。

何者として行動するのか。
妻として、娘として、友として、デザインを生業としている者として、お隣さんとして、地域の住民として、長野県民として、日本人として、地球人として・・・はないか。人間として。
その時何を選ぶかで真逆の方向に逃げることになるかもしれないし、真逆の行動をとっているかもしれない。
誰かには「ありがとう」と言われても誰かには「なんでそんことをした」と怒られるかもしれない。
そんなことはそれぞれのことだ。
その時が来なければわからない。
結果も一つではない。

敗戦後30年かかって日本は焼け野原から復興したけれど、バブルが弾けた後は20年経っても景気は良くならなかった。これから日本はどこに向かっているのかわからないけれど、途方もないことになりそうであるということは確かだと思う。
私が日本人として今するべきこと。先ずは今、自分ができることをして、復興の足しになること。
| one day | 2011.04.12 Tuesday 00:06 |
志賀高原で滑る
志賀高原でスキー。これまでの人生で2回か3回くらいの記憶しかないし、最後に熊ノ湯で滑った記憶が20年くらい前かもしれない。それにしても、20年くらい前が子供でなかったというのがなんか・・・

ここ何年も専ら「山田牧場」と北志賀の「よませ」という二つのスキー場を交互にテロテロと滑るばかりで、山田牧場の写真も毎年毎年同じような写真ばかりがたまるばかり。
それで予てから冬の志賀高原の上の方はどうなっているのかと興味があったので、おもいきって高いリフト券代を払って志賀高原のスキー場に行くことになった。
できるだけ高いところということで横手山に朝一で行った。紅葉シーズンなどは観光客で恐ろしく混んでいるところ。混雑がイヤだから行ったことがなかった。
リフトを乗り継いで頂上に向かう。
やたらと時間がかかったが、リフトからの景色は山田牧場の箱庭的なかわいらしい森の風景と違い、もうデーーン!としたいかにもおやじ好きのする壮大な森の風景だった。
リフトもやたらと高い位置を行く。壮大な森の上空を生身でぶら下がっている感じがする。頂上からの凍てついた風がビュービュー吹き下ろしてきて凍るように寒い。
道路の上を行くゾーンもあり、下に網が張ってあるエリアなど「もしここで落ちたら‥‥恥ずかしい!!」などといろいろ妄想できて更に恐怖心がかきたてられる。
リフトのとなりに乗っているツレは、大はしゃぎでリュックからカメラを取り出しておやじショットを撮りまくっている。
そうやって天空の生身のリフト上で、リュックから物を出し入れしたりなどゴソゴソ動き回っているのを見ているだけでも怖い。しかも壮大な眺望の景色を見たいと思って横を向いたところで夫が障害物となって何も見えないではないか。
怖いからあまり動きたくなかったが、なんとか後ろを向いて振り向きざまにチラ見が精一杯。
横手山の頂上は背の低い杉林の杉が、もうちょっとでスノーモンスターという体で立ち並んでいる。というか背の低い杉ではなくて、実際は雪が積もって頭の方だけ出ているのかもしれない。
渋峠エリアへの連絡通路はその頭の出た杉林の間を抜けて行く。もっとしっかり雪が降った翌日に来たかった。
渋峠と横手山でしばらく滑っていたのだけれど、自分達の体力と技量に丁度良いゲレンデがあまりなく午後は違うスキー場に車で移動しようということになった。ゲレンデマップで見たところ最も広そうな焼額山に行くことにした。
スキー場のハシゴだなんていかにも志賀高原という感じでちょっと遊び人になったような気分になる。
ゴンドラに乗って頂上まで登り、一気に下まで滑る。しかしながらいかんせん午後となってはもう体力が続かない。少しでもこぶができている斜面にぶちあたると足がヘロヘロになる。息切れがして長距離を滑り続けられない。今やもう一日中滑るというのは無理なのだね。
遊び人になったような錯覚をしていたが、リフト券代の元を取ろうなどとスキー場をハシゴして、更に足がヘロヘロになるまで滑るというのは遊び人ではないのではないか・・・
| one day | 2011.03.08 Tuesday 02:13 |
復活ということは暇ということ
昨年末は仕事に明け暮れた。クリスマスは深夜に夫と近所のラーメン屋でラーメンをすすり、大掃除はやらず、お正月のおせち料理もやらず、大晦日に徹夜で年賀状を作った。

仕事がある。このご時世それだけでありがたいが、年間のスケジュールの偏り方が尋常でないのがなんか・・その時々で心境も様々でバラエティーに富んだ暮らしぶりが微妙で・・。
玉虫色な暮らしぶり。
年末の掃除とおせち、何もやらんと開き直ると楽だ。 とはいうものの、何か年始に実家に納める物をと、なかなか簡単にできて豪華に見えるローストビーフを製造した。でもグレイビーソースは下ごしらえ以降、時間がなくて夫に作ってもらっている。

年明けて、仕事が落ち着いた頃に、伊達巻きも一応に作り、少しはお正月的な気分になった。

そして2月、我が身はフリーダム。
半年の間に山積みになってしまった物資と情報を片付けなければならない。昨年、半年かけてメモリー空き容量50%近くまで片付けたDVDレコーダーのHDD空き容量が、後半半年の間にまた残り5%に至る。
皆、観られないなら録らなきゃいいだろうと一様に云うけれど、魅力的なNHK-BS放送の誘惑と、好奇心と貧乏性いや貧乏と収集癖がある限り、やめられないんだ。
自分が死ぬまでに、こういう山積みを、全てを片付けられるんであろうか。

1日1本映画を観る。玉虫色な暮らしぶり。
| one day | 2011.02.24 Thursday 17:35 |
霧ヶ峰高原にて不覚のTシャツ焼け

夏の霧ヶ峰高原を歩きに行く。車山肩から八島ヶ原湿原をグルッとまわって車山山頂に登って下りて3時間30分のコースを行ってみた。道草を食い過ぎる私たちは6時間かかって帰ってきたけれど・・・

霧ヶ峰高原は見慣れた志賀高原の景色とは全く違い、見渡す限りの草原と空、お花がそこここに咲き乱れ、ポコッと丸い丘に小道がツーッと通っていたりで、思わず駆け出したくなる。ような。
実際、調子に乗って山を駆け下りて止まらなくなっている中学生やトレイルランニングに励む人もいたし。

呉々も日焼けには気をつけようと入念に日焼け止めを塗っていったものの、念には念だと着けてみたアームカバーを暑いからと云ってはずしたり、カメラを出したりしまったりとリュックをズルズル着脱しているうちに、すっかり腕に塗ってあった日焼け止めクリームが剥げてしまった。そんなこともあろうかと持ってきていたはずの日焼け止めクリーム、車に忘れた・・・

ヒリヒリと、Tシャツの袖型、時計型もくっきりの、10代の頃のような黒光りを湛えた迂闊な腕となった。3日後にはペリペリと皮も剥げた。懐かしかった。

霧ヶ峰高原は、眺望良好のお弁当がしっかり食べられる好いところが数地点ある、ステキ山だった。

| one day | 2010.07.31 Saturday 22:29 |
人生の畑道を行く

夫はよく休日の午後にカメラを持って散歩してくると出かけている。今日は私も暇なのでくっついて行ってみた。

丘といおうか山といおうかちょっとした山があってその辺りが一面畑になっている。デコボコした地形に1コ1コがそれほど広くない畑がたくさんあって、軽トラが通れるくらいの道が畑に沿ってぐるぐると入り組んで作られている。散歩コースに丁度良いらしく、ウォーキングに励む高齢夫婦や犬を散歩している同じ犬とおじさんに何回も会ったりした。
こんな所あったんだなー。

道ばたにスッパイ草がたくさん生えている。「スイバ」というんだろうか、赤い筋が入った茎で赤らんだ実がわさわさ付いた草。この茎の筋を剥くと食べられるのだと誰かに聞いて食べまくった小学生時代。夫は食べたことがないというので、思い出を共有するべく筋を剥いてやり、嫌がるのをアハハオホホと無理矢理食べさせたりなど。
こういうのをイチャイチャしているというのではないか・・

畑道は入り組んでおり、やたらと分かれ道に遭遇した。あてもなくぶらぶらしているので自分たちのいる位置さえだいたいわかっていればいいし、畑ばかりがあるばかり、右に行けばあの辺、左に行けばあの辺に行くだろう。どっちに行こうがさして重要なことではない。
そんなどっちでもいい分かれ道で夫はジェントルマンだから聞いてくる。「どちらに進みたいですか?」

どっちでもいいわい。夫もどっちでもいいから占い的に妻に決めさそうということだろうが、それもどうでもいいわい。どうでもいいことだが無性に面倒になる。たまらず言い放った。
「あんたが行きたい方に行けばいい。あたしはそれについて行くからさ!」

こういうのをイチャイチャしているというのではないか・・

| one day | 2010.05.17 Monday 17:01 |
3食築地は無理だった


実は昨年の11月にも築地に行っている。
日本橋茅場町で行われていた弟の個展を観に行くという名目で東京に行った。せっかく東京に行くのだから弟の陣中見舞いだけに終わらせたくない。日本橋茅場町、東京メトロ茅場町駅から二駅程で築地がある。築地が。
この時は予てからやってみたいと思っていたこと「早朝の築地を見たい」「東京を自転車でうろついてみたい」という事柄を実行するため晴海に宿をとって、車に自転車を積んで行ったのだった。

築地場内は土曜日だし観光客で混雑するらしいということで、深夜1時に長野を出発した。義兄に借りたカーナビのお姉ちゃんのアナウンスに従うままに築地に到着したのが夜明け前の4時半だった。

駐車場はまだガラガラで、日本で一二を争う張りきりようなのではないかと感じ、なんだか気恥ずかしかった。飲食店は4時から開店しているところもあるので早速乗り込んで行ってもよかったのだが、今日1日のためにもちょっと仮眠してから行くことにした。が、築地のこの「美味しいものがたくさんあるよ!」的な空気を目前にして、10分も経たないうちに空腹で仮眠などしていられなくなった。

築地場内「魚がし横丁」
まだ5時前なのに既に行列のできている店も何軒かあった。張りきっている人がたくさんいた。やはり外国人が多い。飲んだ帰りのサラリーマン風の男女が千鳥足で回転寿司屋に入っていったり。
業者がターレットなる移動と運搬に使う乗り物に乗って、もの凄いスピードで走り回っており、かなり怖い。実際ここはこの人達の仕事場であるのでターレットが大優先。狭い路地も巧みなハンドルさばきで観光客を威勢良く蹴散らしながらくわえたばこに不機嫌そうな兄ちゃん達がキラキラしていた。ここではキョロキョロとうろつく観光客はまるで迷い犬だ。
実際怖くて競り市などやっているゾーンには入って行けなかった。外国人やずぶといおばちゃんなどはお構いなしにズンズン入って行けるのだろうな。近頃競りの見物が中止になったらしい。

既に大行列になっている店に並ぶのは御免なので、1〜2人しか並んでいないすぐに入れそうな海鮮丼の店に並んだ。本当は天丼にするか海鮮丼にするかでちょっともめている。
こんな普段寝ることはあっても起きることはないような時間に、海鮮丼をガッツリ食べようとしていることがなんだかワクワクした。
何を食べたかよくおぼえていない。ウニをトッピングしたような気がする。狭いカウンター席しかない店内で陽気な外国人客がデカい声で「オイシイ!オイシイ!」と連呼していた。

その後まだまだ築地に居続けた。10時に弟と落ち合って今度は築地場外の店で寿司を食べた。食べ過ぎだ。もう食べれないよ。品がない。
その後弟の個展を見に行き、晴海にとった宿にチェックインして自転車に乗ってその界隈をうろついてみた。
本当は夕飯も築地で今度は天丼などと思っていたのだけれど、さすがにもう築地で天丼って感じでなく築地はやめた。でも入ったところが地鶏の鉄板焼きというそのチョイスもよくわからない。

翌日は晴海から銀座までを自転車で行ってみた。晴海通りを一直線、高低差がほとんどなくスイスイ行って爽快だった。人の多さに圧倒され、お茶して帰ってきた。拠点としていた晴海は閑静なところで落ち着く。
それから荷物をまとめて晴海を出発し、北区にある妹の家に寄ってから長野に帰った。
今になって天丼を食べなかったのが心残りだ。今度は天丼を食べに行かなくては。

| one day | 2010.04.08 Thursday 16:23 |
晴海→築地→晴海→GEISAI#14見物


先々週、彫金師の勝山氏[百文]が東京ビッグサイトで行われるGEISAI#14に出展されるというので見物に行ってきた。
時間はないけれどもせっかく東京に行くのだからGEISAI見物だけに終わらせたくない。
東京ビッグサイトから晴海大橋を渡りもうちょっと行くと築地がある。築地が。

車に自転車を積んで先ず晴海埠頭あたりを目指して長野を出発した。義兄から借りたカーナビのお姉ちゃんのアナウンスに翻弄されながらもなんとか晴海に到着し、晴海からは自転車に乗り換えて、腹が減った腹が減った言いながら勝どき橋を渡って築地に直行した。
日曜日だから場内は休みだけれど、場外では観光客に向けて営業している飲食店はけっこうある。リサーチしておいた店はすぐ見つかった。

夫も私もどんだけ腹が減っていたのか、メニューを全部見もせずに最初に目に止まった美味しそうな写真のやつに決めてしまい即注文した。
待っている間に落ち着きを取り戻し、改めてメニューをじっくり見直していた夫は、今度は後悔と更なる欲の塊になっており、もう一品頼むだの帰りにもう一回寄って食べて行くなどと再び冷静さを失っていた。結局我慢がならなかったらしく、もう一品丼を追加していた・・・
私の頼んだ海鮮ひつまぶしも美味しかったけれども、夫が最初に頼んでおったマグロのあぶり丼はかなり旨かった。丼は追加したので帰りには寄らなかった。

気が済んだところで築地を後にし、晴海の拠点にいっぺん戻り小休憩した後、今度は晴海大橋を渡りGEISAIが行われている東京ビッグサイトへと自転車をこいだ。
晴海から築地までは一貫して平坦一本道、高低差がなく楽々ちんだったので、もちろん逆方向も同じであろうと思い込んでいたのだけれど、晴海大橋が予想外に大きく盛り上がっており、自転車こぎにとっては試練の大橋だった。橋の頂点に達するまでに何度も自転車から降りて押して渡ろうとくじけそうになったが、この困難に立ち向かっている様を自分の人生に重ね合わせたりなどしながら止まらず頑張った。

ビッグサイトの敷地内には秋葉原にいそうな紙袋を下げた男たちがたむろっているというか、物凄い群衆が皆座り込んで交流しており、GEISAIの会場を間違えたのか、それともGEISAIの客層はこういう感じなのかとか大きな不安に包まれたが、よくよく中に入ってみるといくつもの会場があるということが判明し、GEISAI会場は紙袋の群衆の先にちゃんとあった。紙袋は紙袋系の萌ゆるイベントが開催されていたらしかった。

GEISAIは間口が広いイベントだけあっていろんな人やいろんな作品がひしめいており、見せ方も重要な要素となっているようだった。勝山氏も巨大な絵画が多い中、試行錯誤で臨機応変に展示方法を変えたりなどして作品を見せていました。
午後になってから行ったので審査員がうろつく光景を見れなかったのがちょっと残念だったけれども、なかなか目に新鮮なイベントでありました。

| one day | 2010.03.30 Tuesday 02:02 |
年末と正月とおせちと年賀状

昨年、3月の中旬から5月の中旬まで全く仕事が入らずぶらぶらしていた反動というか、5月に入ってからそろそろまずいと思い仕事入って来い!という強い願いが叶ったか、その後からこの年末にかけてというかこの正月にまでずれ込んで、1年の最後の仕事である「年賀状」が正月2日に出来上がった。

2009年年末、年賀状の神はなかなか降りて来なく、夫や友人がプリンターで年賀状を続々と出力していくのを横目に、不安と焦りをない交ぜにおせち作りに精を出す。
私はなぜこのおせち作りに執着するのだろう。おせち作りとは何なのだろう。正月とは何なのだろう。家族って何だろう。人間って何だろう。宇宙って何だろう!
もういいか

いつもはダシなんて粉末ダシを使うのだけれど、おせちはかつお節からとる。そしてダシをとった後の大量のかつお節が残る。それを「おかかにする」というのは決まり文句であるが、2008年末はそんなことしてる暇あるかよと悪魔の囁きに導かれてドッサリごみ箱に捨てた。
今年はやはりそれではいけないと思い、おかかをこさえた。オーブンの天板に敷いたクッキングシートの上に醤油と混ぜたカツ節を拡げて、焦がさないようにカラカラに乾かす。ほったらかしておくと丸焦げになったりカチカチにひとかたまりになってしまったりするので、時々ほぐしたりして面倒を見なければならない。これを最後に細かく粉砕してふりかけにするというのが通常だけれども、それをやらずに絶妙に束感を保ったままにしておく。そのほうががいい。
夫がすかさずご飯に乗っけてマヨネーズをかけて食べていた。見た目はまるで汚らしい野蛮な丼ぶりであったけれども、翌朝わたしもやった。
そんなことはどうでもよい話で、おかかが出来上がってタッパーにザアーッとあけた後のクッキングシート。やや透明がかった白いシートの上に、おつゆと醤油とこびりついたカツ節とがまるで水墨画のような絶妙な濃淡を描き出しており、美しい。年賀状の神様が遂に降りて来たぜと思った。

例年通りで、年越しは夫の実家、元旦は自分の実家。姪っ子や甥っ子はどんどん大きくなっている。
トランプやろうぜということになり7並べやダウトをやるが小学生のカードの出す速さについていけない。その状況をじっと観察していた3才の姪っ子からダウトやろうと勝負を挑まれた。かなり漠然としたルールと空気を完全にコピーした姪っ子の勝った負けたの演技が非常にかわいらしく面白かった。一緒になってダウト模写に熱中していたら声がかれた。
自分の実家は総勢14名、ファミリーはまだまだ増殖中でカオス。もっとゆっくりと甥っ子姪っ子と遊びたかったり、家族と話がしたかった。来年はおせち時間を縮小しようかと思ったりする。

今年もよろしくお願いいたします。



| one day | 2010.01.08 Friday 13:16 |
自転車など

折りたたみ自転車など購入した。誕生日のプレゼントにと夫から出た自転車購入補助金と国からの定額給付金を合体。

いまいちよくわからないこの数段切り替え、いまいち慣れないこの前屈みの姿勢、いまいち慣れないこの足届いてない感じ。「軽い・速い」の切り替えチャリンコに慣れ親しんだ人間であるからして。

自動車より生身で、歩きより行動範囲が広くなる。人力の気ままな感じを楽しみたいところだが、如何せん何もかもが不慣れだ。車も怖い。いちいち車が来ているかどうか振り向いて目視するのがとても面倒くさい。バイクみたいにサイドにミラーが付いていればいいのにと思う。夫にあんたは安全確認どうしているのだと聞くと「気配を感じるのだ」と言う。いやいやいやそんな気配など信用できん、と思う。


道の向こう側に渡る時が大変だ。止まって向き変えて安全確認して渡る。足がよく着いていないので踏ん張れず俊敏に動けない。
あの車が行ったら渡れる!という瞬発力を要する行動がとれないんだ。これほどまでに自分が鈍くさいとは。
自転車からわざわざ降りて押して道を渡るおばちゃんの気持ちが、今の私にはわかる。
基本的に、止まった時までも常にサドルに座っていようとするこの生真面目な動作がいけないような気がするがどうだろう。

いちいち鈍くさくもたついているので、共にサイクリングを楽しもうと出かけた夫からは、どんどん離されて遅れをとってしまう。
頑張ってこげばすぐ追いつくだろうと高を括っていると、いざこいでもこいでも追いつけない。思っていた以上に速くこげないもので、どこにギアを合わせれば最適なのかもよくわからない。
・・・

さてと、
けれども自転車の風受ける感じは清々しい。

| one day | 2009.06.11 Thursday 17:10 |
弁当花見とまんじゅう花見


4月、飯山城址にも花見に行った。お弁当を持ち寄って、おにぎりと唐揚げといなり寿司と卵焼きと煮物など。
とにかくまったりとしたのどかなお花見会場だった。拡声器のスピーカーから民謡が流れ、三世代の家族とか、奥さんが昼寝をして旦那さんがぼーっと花を眺めている老夫婦とか、歯抜けの初老のおじさんの話に静かに耳を傾ける古田新太風金髪おじさん兄さんやいろんな世代のいる肉体労働系のグループとか、部活帰りのジャージ姿で男子女子混合ではあるが結局男子女子別々に話し込んでいる中学生グループとか、とにかくまったりと穏やかな空気が漂う好いお花見であった。満腹で苦しい。

中野市の桜の名所、東山公園にも行った。桜ももうすっかり散ってしまったであろう平日、用あって実家に帰ったついでに、名物「揚げまんじゅう」食いたさに立ち寄った。この「揚げまんじゅう」は花見の季節限定で営業される花茶屋にて販売される黄色い串刺しのまんじゅうなのだが、なんか大好きだ。桜の季節になるとあのまんじゅうのことをときおり考える。
黄色い天ぷら粉で揚げたこしあんのまんじゅうが2コ串刺しになっている。頼むとそこで揚げてくれる。
桜はすっかり散ってしまって客はいなかったが、一応に演歌が流れており花茶屋もギリギリやっていた。実家と夫のお土産の分も買って、揚げたてをその場で食べながら散桜を眺めてぶらぶらと。
| one day | 2009.06.11 Thursday 15:31 |