IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
<< 西澤家の弟情報 | main | 未来を写した子どもたち >>
深夜の酔いどれパーティー

週末、突然に"クラブ"に行こうじゃないかということになる。小さいスペースであるが、予てから好きであった某DJ氏がわざわざこの信州に来るという。先日から気になってはいたが、もうこの歳になると若者が遊ぶ"クラブ"などにはさすがに行ってはならないのではないかと意気地なしな心持ちでいたところに友人から誘いのメールが。

彼女はいつになく行く気満々ノリノリだ。あんたがそれほどノリノリならアタシもそこに乗っかれるわと、夫に宅配ピザをおごって11時過ぎ、夜な夜な現場に送ってもらう。

この狭くて暗くて煙い感じ、とても久しい。
このイベントは某DJ氏の他に、ゲストでavex所属の某麻理子氏のライブもあったのだが、それに合わせてか12時過ぎた頃になって続々と人が集まって来てぎゅうぎゅうになる。チャラついた男子こそいないものの、男率がかなり高く、ほとんど男祭り状態となってワッセワッセと盛り上がる。そこへ麻理子氏登場で「 There must be an angel playing with my heart 」にて歌姫オーラムンムンで歌い上げる。

それにしても近い。近い近いっ!この狭い空間でのことであるからして、美貌の歌姫の歌う半径1mもないのではないかと思われる目前で、ほとんどただの酔っぱらいの男達が一斉にジュリーの「勝手にしやがれ」状態で両手を挙げてユラユラと迫ってくるのだから空恐ろしいのではないか。「長野楽しい〜!!」と叫んではいるものの、彼女の「触るなよ〜!!」という心の叫びも聞こえてくるようであった。見ているこっちもヒヤヒヤしたが、やっぱり男達はハイタッチなど迫っていた。怖いわ。
実際恐怖におののきながら「ち、近いね・・」と呟くシーンもあったデス。

そんな酔っぱらいの集団と歌姫とのくだりも見ていて面白かったが、まあとにかくDJ陣のかける音楽のイケてるったらなく、グラス片手に、絶妙なエフェクトにクラクラしつつ踊ってるのが楽しくってしょうがなかった。まあ自分もただの酔っぱらいだった。

若い時勤めていた職場で、老若男女入り交じり二次会はスナックになだれ込むというシーンが時々あったのだが、誰かがカラオケで歌っていると、グラス片手に踊り出すんだオッサンは。そして若い娘に手を差し出してShall we dance?をするのだ。でもそんな酔いどれオッサンのピュアに楽しそうなのを見るのがとても楽しかった。というかウケた。

まさにそれだ。私は今、そのオッサンの気持ちがわかる。

麻理子氏の出番も終わり、いざ本日のメインDJ氏の出番が来た頃にはあろうことか体力の限界が私たちの身に迫っていた。壁に設置されたグラスを置ける程度のカウンターは手摺りだ。頭もぐらんぐらんとしょうもなく酩酊甚だしい。しかも2杯目に飲んだキューバリバーのコーラの炭酸が体内でブクブクしてきてお腹の調子がおかしくなってきてもいる。友人も時を同じくして「腰が痛い」と訴えてきたので、某DJ氏には本当に申し訳なかったが、本日のお楽しみはお仕舞いとし、千鳥足よろしく階段をやっとのことで這い上がって寒い表に出た酔いどれの深夜1時半。

しかしこの立てない感じ、楽しい。いや楽しかった。ノリノリで誘ってくれた友、そして深夜2時近くにピザ4ピースで迎えにきてくれた夫に感謝するのです。



| music | 2009.03.03 Tuesday 02:23 |
コメント
コメントする