IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
<< 土産のお茶 いったい何回分か | main | 温泉より銭湯が好きだった >>
煽り屋の煽りにちょっと煽られる

TARO MONEY先日、友人から『TARO MONEY』なるモノをもらった。故岡本太郎氏の行方知れずになっていた巨大壁画『明日の神話』の再生プロジェクトへの支援のために『ほぼ日』で企画されたモノで、4つのコインが切りはなせるようになっており、購入した人がこのコインを誰かにあげてどんどん広まっていくという仕組みになっているらしかった。それを実行に移した友人。そして実はこのコインが途轍もなく熱いコインだってことに、もらった時は全く気づいていなかった自分‥‥。
その後、日テレでやっていたこの『明日の神話』の一般公開前夜祭スペシャル番組を見、『ほぼ日』のページを読み進んでいくうちに、今まで持っていた岡本太郎氏のイメージとは全く違う人物像や、そのパートナーだった故岡本敏子氏の、この『明日の神話』再生への情熱やらそれを引き継いだ人達の情熱やらが、この壁画の強烈なイメージと共に頭の中にズコーーーンと入って来て、なんだかそわそわした気分になったりした。番組の中で印象的だったのは、1970年の大阪万博開催中に『太陽の塔』の目の部分に居座り占拠したという男を探し出してインタビューするという企画の中で、今やおじさんになったその人が「なんで太陽の塔の目を占拠したのか」という質問に、「別に岡本太郎が好きなわけでもないし、批判したいとかそういうんでもなかった。ただそれをやりたくなった、それだけだ。あの全共闘の時代を生きた人じゃないとわからないと思う。なんというか‥‥岡本太郎にアジられたんだ。」みたいなことを言っていた。『アジられる』?初めて聞いたこの言葉。もう死語なんだと思うが強烈な響きだった。agitation(アジテーション)= 扇動 = アジる 「その時どんな気持ちだったか」という質問には、「おもしろかったよ。」と答えていた。岡本太郎は煽り屋だった。そうやって日本を変えようとしていた。そして私はちょっとそわそわした。番組を見終わったと同時に『ほぼ日』にアクセスしてこの『TARO MONEY』を注文していた。ほんとは汐留に行って実物『明日の神話』を見てみたいのだけれど。


TARO MONEY

| mono | 2006.07.17 Monday 15:51 |
コメント
「アジる」って使わないですかぁ?!
ガーン・・・。
うちの近所に岡本太郎美術館ありますよ。ってか出身が近所みたいで、お母さんの記念碑の彫刻とか近所の公園に普通にありますよう。
| +39 | 2006/07/17 11:59 PM |
>+39さま

全共闘時代語じゃないんスかぁ!!

いいなぁ、身近に太郎・・・
今更ながら太郎作品を間近で見てみたいっス。
そんでメラメラとアジられてみたい・・・。
| slide | 2006/07/18 1:02 AM |
高さ30mぐらいある超巨大彫刻もあるデス。
その下に入ったら不安で不安で眠れなくなります。
| +39 | 2006/07/20 4:29 PM |
>+39さま

俺も超でけえことやってやるぜえええ!!!じゃなくて
不安感を煽られたんスね。
| slide | 2006/07/20 4:59 PM |
コメントする