IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
<< 2013 Green thumb 展示会 DMの仕事 | main | Atelier hicaoの手仕事展 DMの仕事 >>
ニノミヤミホさんの個展 南の信濃の小さな旅

駒ヶ根市在住のBag作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランド「Green thumb」の展示会に行きました。

場所は昨年に引き続き、駒ヶ根市の住宅街の中にある素敵なお庭のあるギャラリー「ワーズワース」
日曜日でニノミヤさんがいらして、コマネチポーズで暖かく出迎えてくれました。やはりカッケー!

色とりどりの素敵バッグや、定番がま口のポーチやペンケースがたくさん並んでいました。今年は友人を誘って二日目におじゃましたのですが、初日に、待ち構えていた方々がドッと押し寄せて、作品が半分くらいになってしまったんだそうです。
あと二週間どうするんですかー?!という感じですが、サービス精神旺盛なニノミヤ氏です、てんやわんやのフル稼働で追加作品を仕込まれていると思われます。
そしてnew作品達が、またしれっと何食わぬ顔で並ぶのでしょう。

作品が半分くらいになってしまったとはいえ、けっこうな数を出品されているので、まだまだ目移りするほど作品はありました。
革使いのもの、布使いのもの、内布も皆違いますので、片っ端からパカッパカッと開いてみながら、どれがいいかな〜あれがいいかな〜などと、ド乙女心のショッピングタイムとなるわけであります。

そんな感じで厳選に厳選を重ねて選び抜きまして、黒革のがま口ポーチと、美しい光沢のある布使いのチェーン付きがま口ポーチを頂いてきました。

黒革のがま口ポーチの中は、ストライプの布の男前な作品、チェーン付きがま口ポーチの方は、某有名ブランドのデッドストックファブリックを使われた逸品。内布はブルーのリネンかな。とても大人な作品です。

ギャラリーでは、美味しい紅茶と柿を素敵な器でごちそうになりました。
きれいに整備された薔薇のお庭の景色が、大きな窓から一望できる素敵なお部屋。素敵なギャラリーオーナーの清水さんとニノミヤさんとのティータイム、楽しいひとときでありました。

ギャラリーを後にし、次は中川村にある「Base camp COFFEE」にカレーを食べに。「ワーズワース」さんでゆかりのあるカフェで、2時ともなるとカレーがなくなっている可能性大とのことで、予約をとっていただき向いました。

駒ヶ根市から車で30分程度の道のり、天竜川にかかる桜の木のアーチになった素敵な橋を渡って谷を登って行きました。紅葉し始めた伊那谷です。

ほんでありました「Base camp COFFEE」、外観は「Aコープみさと」!!
オープンキッチンで、贅沢に間をとった空間作りがしてあり、とても落ち着く素敵なカフェでした。石垣が多い集落の中、隣には集会所、バス停の待合小屋が見えます。野菜たっぷりのスープカレー、美味しくいただきました。

で、駒ヶ根に来たらばもう一軒寄るところがあります。
雑貨も売っている焼菓子屋さん「三澤焼菓子店」
お土産のお菓子と雑貨を調達し、超気さくな店主の三澤さんとお話しているうちに、アハハオホホと時間は過ぎ去り、日もとうに沈み、辺りは既に暗くなっていました。

帰りは予報通りの雨の中、高速を恐ろしく緊張しながら血眼になってぶっ飛ばしました。
友はさぞ恐ろしかドライブであったろう。ナビありがとう☆
そんな感じで最終的には血走った目でモーローと帰ってきたわけですが、素敵な南の信濃の小さな旅の一日でありました。

| one day | 2013.11.07 Thursday 17:21 |