IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
百文の森 うつくし石のピアス DMの仕事
彫金師・アーティストの勝山ゆかこさん。
手段・手法にとらわれず独自の切り口で創作活動を続けていらっしゃる作家さんです。
今回はその活動の中のピアスブランド「momon no mori-百文の森」の個展のDMを制作させていただきました。
ブランドイメージの木のイラストも描かせていただいております。

個展タイトルは「うつくし石のピアス」
オンラインショップでは誕生石に限定して販売されていますが、今回の個展では誕生石に限らず、たくさんの宝石が集結しております。パール、オパール、トパーズ、サファイヤ、ルビー、エメラルド、ターコイズ、琥珀などなど・・
撮影のために大量の作品を借り受けて、家に持ち帰る時はドキドキしました。

宝石、貴金属類にはめっぽう疎い自分でありますが、いざ撮影のためにこの多くの宝石を目の前にするとですね、女のナチュラル細胞が活発になるのだかなんだか、血が騒ぐと云おうか何と云おうか、普通にテンション上がりましたです。

逆光が特にいい。
太陽の光が石を通すとですね、それぞれの石になんともいえない美しい色彩の光の陰ができるわけです。その光を捕らえようとあーだこーだあーだこーだとピアスを入れ替え差し替え・・・気付くと本来のDM用の撮影から脱線しているのでは!!!
撮影しながらも、「これ買う」などと勝手に選んでいたり・・・琥珀うまそう・・とか。

日常の生活の中でも高品質の宝石のアクセサリーを、気軽に楽しんでいただきたいとの思いで作られている勝山氏。
価格もぎょっとするような価格ではなく、とても良心的な価格設定にされています。
きれいにカッティングされた石の他に、原石の形をいかした個性的な形の石もたくさんあり、シンプルながらも勝山氏チョイスの独特な石や、石の組み合わせもとても美しく素敵であります。

女の血が騒ぐ展覧会、明日からでございます。

2014/3/15(土)〜23日(日)
ノーノ分室 http://blog.na-na-web.com/?eid=1085624
百文の森 オンラインストア http://momon-no-mori.net
百文 [ momon ] http://momon.jp
| works | 2014.03.14 Friday 21:27 |
Atelier hicaoの手仕事展 DMの仕事
「Atelier hicao」長野市在住の洋裁の作家 久田桂子さん。

桂子さんとは3年前に「職人印」という合同展示会に参加させていただいた時にお知り合いになりました。
彼女はいろいろなお仕事をされているので、その実態が定かではありません。

デニムなどいろいろな洋服をミックスしてのリメイクバッグ、クラシックコンサートなどの衣装ドレスを制作するなどの、極女性的なお仕事をされていると思えば、刺繍やらスパンコールも煌びやかなゴリゴリのファイトコスチューム制作で鬼忙しい!と物腰柔らかく焦っている・・・
以前開かれた個展で発表されていた作品は、デニムを履いたそこに居る感じのスツールや、椅子や花瓶がシャツを着ているようなインスタレーション的な作品。
ますます謎が深まるばかりです。

以前は東京でファッションブランドを設立され、コスチュームデザイナーとして活躍されていらっしゃったとか・・・
興味津々でねほりはほり聞いてみますと、なかなかの大御所の名前が出てきたりなど、興味深いお話をたくさん持ってらっしゃるようでありますが、多くを語られないので、やはり未だ実態が定かではありません。

今年、久々に個展を開かれるということで、そのDMを制作させていただきました。
このDMの写真に採用された白いスツール。複数の質感の違う糸をミックスして作成されたオリジナルマテリアルが使われているのだそうです。
このうえなくケバケバふわふわで、ナニモノかの感じ、まさに居る感じです。
それで木島平村のカヤの平高原に連れて行って撮影することになりました。

カヤの平高原は、中学生の時にキャンプ学習をやったところ。
キャンプファイヤーの前の花火大会で、同級生の松井が落下傘を無心に追いかけて川に落ちたところ。
すごい絶景があるわけではないせいか、あまり観光地化されていなく、のどかにお弁当を食べにくるような感覚の山で、大人になってからは、この風景がとても好きでわりと訪れるところ。

ブナ林の木の間に居るところ。
雑木林に佇んでいるところ。
牧場には羊がいて、あれに紛れさせようかとも頭をよぎりましたが、羊をよくよく見ますと頭と足の黒いマトン系の匂い。しかも身体におもいっきり数字が記入されており、哀愁がハンパなく漂っていたので却下されました。

このイスくんを持ち運ぶ時は、誤ってくっつき系種を持つ植物が生い茂る草むらに落とさぬよう大事大事に両手で抱え込むわけですが、この質感がまた動物としか思えない。ぎゅーっとしたくなります、ぎゅーっと。
写真の構図を決めるにあたっては、もうかわいいか、かわいくないか、それだけです。
「これかわいいね」「ん〜これかわいくないね」「これかわいくね?」連呼しておりました。

今回の個展は、そんな謎めいた桂子さんの、最新の作品の他に、東京にいらしたときの作品、時代のミックス作品など、いろいろな面を垣間見ることができそうで、Atelier hicaoの実態がまた少しわかるかもしれません。
個展は本日からはじまりです。

2012/11/8(金)〜26日(火) アノニム・ギャラリー http://www.anonym-gallery.com/ Atelier hicao http://hicao.sunnyday.jp/index.html
| works | 2013.11.08 Friday 14:11 |
2013 Green thumb 展示会 DMの仕事
Green thumb」駒ヶ根市在住の布作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランドです。

昨年に引き続き、展示会のDMを制作させていただきました。
今年のDMに採用された写真のバッグは、鹿革で編まれたバッグ。

このバッグ、手触りがめちゃめちゃ気持ちがいい。しっとりとした鹿革が、端正に編まれ、空気を含んでふかふかしています。
しっとりふかふか。
ずっと触っていたい〜

彼女のバッグは革や布やリネン糸など、いろいろな素材が使われており、とても多様です。形はもちろんのこと、内布も高級感のある素敵なファブリックを合わせ、絶妙な色彩感覚とデザインなのであります。

今回はニノミヤさんのポートレイトも一緒に撮影しました。
ニノミヤ氏はこのように凛々しくシュッとした作家さんであります。
凛々しい作家像を何枚も撮影した後、最後にニノミヤ氏のご希望で、コマネチポーズで撮影終了しました。
コマネチポーズを完璧にやりきるニノミヤ氏、
カッケーです!!

展示会は本日からはじまりです。
2012/11/2(土)〜17日(日)
Gallery ワーズワース
http://wodsworth.exblog.jp/
Green thumb
http://www.greenthumb.cc/
| works | 2013.11.02 Saturday 19:46 |
十二月の木ときのことリスと百文のピアス


彫金師・アーティスト 勝山ゆかこさんが、誕生石のピアス専門ブランド「momon no mori-百文の森」オンラインストアを今月オープンされました。

 かなりの個性的な作品を作り出している作家さんでありますが、片やブライダルリングを中心としたオーダーメイドのオリジナルジュエリーを制作するなどの職人としての横顔もあるのであります。

今月オープンされた「momon no mori-百文の森」はこのもうひとつの顔の方、百文B面です。
そのBサイドなプロジェクトに、少しばかり参加させていただきまして。
オンラインショップなどのイメージとしてのイラストを依頼されたんであります。

イラストを依頼されると、本職ではないのでギクッとするけれども、ちょっと嬉しいという感じもある。できるか?というスリル感なども入り混じっての複雑な心持ちの有り難さ。

 お題は線画で「十二月の木」と「動物」と「ロゴ」

「十二月の木」にはそれぞれに、シンプルな誕生石のピアスが、果実の実っているように、或いは森の木に引っかけられた娘の忘れ物が、茂る葉の間からキラキラとのぞいているように、かわいらしく陳列されております。

 私の銅版画の線でやってみたいという欲望のままに出た悪癖、予算度外視で提案した銅版画バージョンの木と飛んでるリスは、ポストカードとなって商品に同封されます。




銅版画の世界、もっと追究してみたい〜

この勝山氏のもうひとつの顔のピアスは、善光寺で毎月第2土曜日に行われている「善光寺びんずる市」で出展されます。

 厳選された高品質な天然石のみを使用した百文のピアス。
 シンプルとはいうものの、やはり彼女の石のセレクトですから、珍しいのもたくさんあるのではなかろうか。&もれなく勝山さんにも会えます。
 今年はあと一回でお仕舞いのようです。

 2013年11月9日(土)国宝善光寺本堂の外陣
 善光寺びんずる市 http://binzuru-ichi.com/
百文の森 オンラインストア http://momon-no-mori.net/
百文 [ momon ] http://momon.jp/

| works | 2013.10.31 Thursday 13:40 |
羊の毛は白だけではない

昨日のこと。

広島在住のニット作家ほりなおみさんの個展「HOLY'S 原毛展」が昨日からノーノ分室にて始まりました。


ほりさんから作品の撮影を依頼され、毎年撮影しています。&前回に引き続き個展のDMも作成しています。&今年は遂にホームページも立ち上げるということで、即席でホームページもできました。

そして今年のテーマは「原毛」
HOLY'Sの作品は全て、英国シェットランド島に生息する羊の毛を原料としたシェットランドヤーンで作られています。
毛糸は染められて豊富な色になって製品化されるのでありますが、今回はその豊富なカラーの中から、染めていない色の毛糸ばかりを使っての作品制作に取り組むという試みだそうです。

染めていないからといって白だけではないんです。シェットランドシープは上質な品質を確保するために、孤立した島の中で交配し、結果、古代種の特徴を多く残し、毛色がとても豊富なんだそうです。なので、白から限りなく黒に近い茶色まで、微妙な色調の毛糸が存在します。



DM制作に当たって、ほりさんから色々な素材が送られてきました。原毛の毛糸で編まれた定番のルームシューズや毛糸玉など、その中にちっちゃいどんぐりがコロコロ入っていました。どんぐり本体と帽子、微妙な色調でたくさんの色の組み合わせで編まれたのがいっぱい。
これはかわいい〜〜
しかもこんなにたくさんの色調があるのか!という驚き。

んでDMになりました。

作品は展示販売なので、売れたらなくなってしまいます。
なくなる前に撮影しなければならん!ということで毎回初日のお店オープン前に、時間との戦いで必死こいて撮影するのであります。






会期中は、広島からほりさんもやってきており、ほんわかした空気感を醸しながら案内してくれます。また、どんぐりのモチーフを編んで、かわいらしいピンブローチを作るというワークショップも行われます。

上質な毛糸で編まれた、ルームシューズ、グローブ、ハンチングなどたくさん並んでいますよ〜☆

ノーノ分室 http://blog.na-na-web.com/?eid=1085590
HOLY'S http://holys-knitting.com/
| works | 2013.10.14 Monday 00:59 |
Green thumb 展示会 裏DM

駒ヶ根市在住のBag作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランド「Green thumb」の駒ヶ根での展示会のDMを10月の愛媛での展示会に引き続き作成させていただきました。

こちらのモデルさん仕様の写真バージョンは裏DM。
撮影場所のノーノ分室のケイコさんが、いい娘がいますぜと紹介してくれた彼女。長身のべっぴんさんでホントのモデルさんのようでありました。

かわいい〜〜

デレデレと撮影したのでありました。

でも本採用の写真はこちらのダマスク柄のバッグの大人仕様の写真になりました。
丁寧な手仕事で作られた、とても美しいバッグです。


駒ヶ根の展示会は、明日から。
2012/11/3(土)〜17日(土)
Gallery ワーズワース http://wodsworth.exblog.jp/

| works | 2012.11.02 Friday 22:46 |
Green thumb 展示会 DMの仕事

「Green thumb」駒ヶ根市在住の布作家 ニノミヤミホさんが手がけるバッグのブランドです。

ニノミヤさんとは2年前に「職人印」という合同展示会に参加させていただいた時にお知り合いになりました。
彼女は上質のリネンや、パンチの効いた素敵柄のファブリック、革を使ったバッグをオーダーメイドで制作しており、毎年数ヵ所で展示会を開いていらっしゃいます。

今年、彼女の出身地である愛媛県でも展示会を開かれるということで、そのDMを制作させていただきました。

DMに採用された写真のバッグは、ワシワシした手触りの革のトートバッグ。
像さんのお肌みたいだったから内布をアフリカンファブリックにしたのだと。
使い込まれたら味がどんどん出てきそうなワイルドバッグでした。いいなあ〜と思って鏡の前でめっちゃ持ってみました。

撮影用に他にも革使いの上品な大人のずた袋とか、がま口のボストンバッグなど、どれも素敵でして、もうあれもこれもいいなあ〜と思って鏡の前でめっちゃ持ってみました。

愛媛の展示会は、本日10/6(土)〜20日(土)でございます。 http://enowa-web.com

私の使っているGreen thumb


がま口のペンケースとコインケース
ペンケースはがま口になっていると本当に使い易い。ガバーっと開いて中の物が一目瞭然であります。いろんなものが入ります。内布が深いピンクのリネンというところも乙女心にグッとくるのであります。ピリッとした布選び、素敵です。

リネンのぐるぐるワンショルダーバッグ
地味な服ばかり着ている私に、差し色的に活躍しております。

心配性故、バッグの中にいろんな物を詰め込めるよう、いつも巨大なトートバッグばかり持ち歩いているので、このような極めて女性的なワンショルダー形式のバッグを持つとちょっと華やいだ気分になったりします。

よくバッグの中の物をゴソゴソと探し続ける場面があるのだけれど、この女性的な形のバッグにてスマートにゴソゴソやる方法が身についていない。
そもそもスマートな女性はゴソゴソの動作自体がないんだなと気づく。

| works | 2012.10.06 Saturday 14:41 |
納品&感謝の巡礼ほぼ終わる

個展が終了し、一息付く暇もなくお盆の行事にダーッと突入し、お盆が終わると同時に待ち受けていた仕事がダーッと入ってきて、それと同時に個展が終了したからといって個展業務は終わったわけではなく、納品というぬかりなくやるべく大事な業務がダーッと残っているわけで。

商品を綺麗に整えて、発送して、納品して、納品しがてらアハハオホホとランチしたり、お礼しがてらアハハオホホと飲みに行ったり、お礼しがてら野尻湖で泳いだり、納品しがてら次の仕事の撮影したりと、めくるめく半月ばかりが過ぎ、夏が終わった。

ある晴れた日、某セレクトショップNーノB室のオーナーH様からの特注写真を納品に参上したらば、これ写真撮っといたのかと問われた。オーナーH様曰く、こういうのをすかさずブログに載せるのよ!と、発破をかけられ(※本当はもっと優しい物腰です)「そうね、そうだよねぇ〜」とニヤつきながら撮影させていただく。

今年の夏の終わりはそんな感じ。

| works | 2012.09.04 Tuesday 15:15 |
個展など無事終了しました


12日(日)、無事終了しました。
この連日猛暑の最中、4年に一度の世界のスポーツ祭「オリンピック」で賑わっている最中、足を運んでくださった、たくさんの皆々様、誠にありがとうございました。
個展、お陰様で無事終了することができました。

企画当初は、大の恥ずかしがり屋故に「ノーノ分室」の一角の展示会とし、個展主は居たり居なかったり、お客様とのコミュニケーションは接客のエキスパートのノーノスタッフにお願いしよう・・などとおもいっきり逃げ腰極まりない生半可の考えでモヤモヤと企画していたのだけれど、よく考えてみるのだ、自分の展示物メインは額物。考えれば考える程、お店の一角では展示スペースがあまりにも少なすぎる・・・という考えに至り、やっぱ「コベヤ」一部屋借り切るしかないのだ、そしてそうなるとするとお店と分断されるわけで、必然的に自分がずっとそこに居なければならい状況になる・・・

もしかしたらこれが最初で最後の個展となるやもしれず、中途半端はやりたくない。
やるしかないんだやるしかないんだ。と何かのアニメの主人公の少年のようにブツブツ唱えながら、「コベヤ」一部屋借り切る決断をしたのでした。

どんだけ恥ずかしがり屋なんだという・・・

会期中はやはりもうアワアワアワアワしまくっていましたが、結局のところ、このギャラリーの主になりつつの個展への挑戦、やって良かった。

ノーノ分室のDMを毎回楽しみにされているとのお声をいただいたり、見ていただいた方と実際にお話できたり、「超かわいい〜〜〜」との感嘆のお声をたくさん聞けたり、ある一面しか見ていただけていない方々に、違う一面も見ていただけたり、親しくしていただいている方々が応援に来てくださったり、何年ぶりとか何十年ぶりとかいう方々に本当に久々にお会いできたり・・・

10日間あそこにずっと居続けたから体験できたことです。
嬉しいことがたくさんありました。とても励みになりました。

やはりやって良かった。と切に思います。
本当にありがとうございました。

そして最後に
宣伝活動、展示や会期中、協力してくださったノーノ分室スタッフの皆さん、 応援してくれた家族達、支えてくれた夫に
ありがとう、と言いたい。

なんつって。

| works | 2012.08.16 Thursday 09:15 |
個展など始まりまして

なんやかんやとあわてふためきながらも無事始まりまして3日目となりました。
そしてこの猛暑の最中に、早速足を運んでくださった皆々様、誠にありがとうございます。

ポストカードも何十枚何百枚と、いつもよりどえらいたくさん取り揃えております。

中でもこの写真の右上の宙に浮かんでいるように写っている小瓶が見物でございまして、作った自分で言うのもなんなんですが、たまらなくかわいいです。
吊り下げる器具はノーノオーナーが器用にこさえてくれました。


展示に想定していたものが全部揃わずに始まってしまった展覧会となりましたが、日に日に作品が増えたりなどしているかもしれません。
今月12日(日)までやっております。


| works | 2012.08.05 Sunday 08:48 |