IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
1日5回観た日もある『ちりとてちん』
2007年/脚本:藤本有紀

昨年深夜に再放送でやっていて再び観た。2回目ともなると感動も少し薄まって冷静に観ることができた。
これはNHK朝の連続テレビ小説であるが、私の中の朝ドラのランキングでは最も優れた作品となっている。

朝ドラとしては珍しく、ヒロインの人物像として、何をやってもうまくいかず、すぐに投げ出し、劣等感の塊で後ろ向き、勝手にライバルとしていた人気者で同姓同名の同級生を疎ましく思っている、というやさぐれた人物であるが、そんな少女がそこここでつまずきながらも、独自のアンテナでたぐり寄せた物が「落語」で、その先にも更に何かをたぐり寄せる。

この劣等感の塊の娘は家族や友人、一門の師匠や兄弟子達、近所の人々に支えられながら成長して行くのだが、この周りの人々にもそれぞれに深みのある人物像があり、愛すべき人々であるというのもいつもの朝ドラとは違った。

そしてこの周りの人々の中で最も際だっていたのが、渡瀬恒彦演ずるところの師匠徒然亭草若で、この人物は、主人公である徒然亭若狭/和田喜代美はもちろん、その他の弟子達のことを実によく見ていて、彼らの最大の理解者となり、絶妙なアドバイスと関わりあいで、それぞれの潜在的な良さを引きずり出す。

一般的にはダメなところとして見なされてしまう部分を良いところとして見いだしてくれたり、ここを見て欲しいと思っている部分を鋭く突いてこられる。つまり自分のことをよく見てくれているし、自分以上に解ってくれている、ということになり、これは正に理想のパートナー像ということになり、もし私が喜代美だったらこんな上司を持ったなら、尊敬の眼差しで崇めると共に、確実に恋してしまうであろう。物語では主人公喜代美は兄弟子の草々といい仲になるが、何度「師匠にしとけ!」と心の中で叫んだか。 
自分もかなりの劣等感の塊であるから、彼女の後ろ向きなねちねちした感情や、心の迷いは手に取るようにわかり、そこに正に自分がいるかのような勢いで観ていたので、この神のような師匠の温かいお言葉に毎回感動の涙と鼻水を流した。
こういう脚本は女性にしか書けないと思った。

当時、朝ドラはNHK3局で朝7:30のBSハイビジョンから始まり、夜7:30のBS2まで合計5回放送されていた。
この感動を何回も何回も体験したく、1日に5回放送を観たこともあった。

ほぼ中毒だった。
| TV | 2011.04.21 Thursday 19:08 |
「ダイゴヨウ」は焼酎じゃないのか

侍戦隊シンケンジャー 侍合体シリーズ 秘伝提灯ダイゴヨウ正月に実家に行ったときのこと。甥っ子がお年玉でじいちゃんに買ってもらったという「ダイゴヨウ」なるものを見せてくれた。どうやらスーパー戦隊シリーズに出てくる物らしい。甥っ子は隊員さながらの小芝居を交えながら使い方などを熱く説明してくれた。要するにコンパクトになるロボなのだね。

しかしあれだね、このコンパクトになった状態は、似たような名前のリーズナブルな焼酎のボトルのようだね。或いはいらないお土産提灯のようでもあるね。腹部には「侍」って力強く入ってるね。
甥っ子は自信たっぷりにこのロボを紹介している。果たして全てのシンケンジャーを見ているちびっ子に受け入れられているのだろうか、このロボは。

そんなことを思っていたら、モヤリモヤリと小学生だった頃の記憶が蘇ってきた。全くかっこいいと思えない戦隊がいたよ。確かカブト虫的なイメージで、茶色くて鼻の下にダリのような髭のあるおっさんが混じっていたんだよ。
早速「戦隊物」で検索してみたら「スーパー戦隊シリーズ」が出てきたけれど、それらしい戦隊は存在していないようだった。おかしい・・・絶対茶色いのいたんだけどな。
そこで「戦隊 茶色 おじさん 茶色コスチューム 茶色スーツ」などしつこくしつこく検索したらようやく見つけ出した。『忍者キャプター』

忍者キャプター VOL.4 [DVD]そうですそうですこれです。ヘルメットをパカッと開けると生身の人間の顔が出てきている。生身感がすごい。変身してないのかなあ。ただ着替えただけの設定なのかなあ。隊員は幅広い年齢層で分け隔てない感じだ。イケメンはいるのかなあ。いろいろ心配になる。

「ダイゴヨウ」或いは『シンケンジャー』がここまできているかどうかは、実際に番組を見てみないとわからないので見てみた。
物語は終盤を迎えようとしていた。「ダイゴヨウ」は巨大ロボではなく、マスコットキャラ的要素を含む御用提灯のように構える武器だということがわかった。戦隊は若さでピチピチしていて、ちゃんと強そうに変身しておりシュッとしている。大人心に内容は突っ込みどころが盛りだくさんだが、決して『忍者キャプター』と一緒に語ってはいけないと思った。
でもやっぱり「ダイゴヨウ」は焼酎なんじゃないのか。

| TV | 2010.02.28 Sunday 02:08 |
NHKドラマスペシャル 白洲次郎

NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOXおととしの秋に我が家にHDD&DVDレコーダーが導入されて以来、調子に乗ってTV番組やBS放送などで放送された映画やなんかをいつか見ようとコツコツ録画していたのだが、この年末に遂に予約可能時間が残り1時間をきった。いかん、こうなることは最初からわかっていたけれど・・・

特に昨年の後半は見る時間がとれずたまりにたまった。この年末年始の特別番組ばかりやっている隙にと先ずは軽い「タモリ倶楽部」と「ブラタモリ」と「新・三銃士」を見つぶした。年賀状も出し終わり、まとまってできたこの時間に今度は大物に取りかかるとする。

昨年2月から9月までに3回に渡って放送された「NHKドラマスペシャル 白洲次郎」第1回「カントリージェントルマンへの道」第2回「1945年のクリスマス」第3回「ラスプーチンの涙」
脚本と演出は「ハゲタカ」や今年の大河ドラマ「龍馬伝」を作っている大友啓史氏だそうだ。テレビドラマらしからぬ映像と空気感、NHKすげえぜと思う。
とにかく登場人物は常にたばこをふかし、スモークの中でドラマは進んでゆく。
本当にあったことなのかそうでないのか、あくまでフィクションなのだろう。白州次郎についての資料は本当に少ないらしい。

Tシャツにジーパン姿の男前紳士とか唯一マッカーサーに物申した日本人だとか奥さんが白州正子だとかそんなことぐらいしか私は知らないが、このドラマで一貫して描かれたのは、白州次郎は自分の信念を貫き通して生きたということだった。自分の良心に忠実に、ただ心の赴くままに矛盾に満ちながら進んだ。その方向は善でもあるし悪でもある。善でもないし悪でもない。

容姿端麗で頭もキレて正義感が強く、お金持ちで英語もペラペラ。これがただの鼻持ちならないヒーロー像になっていないのは、彼が自分のできることがなんなのかということが見つけられず、ずっと悩みながらも探し続けていたという姿も描かれていたからだろう。同じように自分の存在価値を探し続けていた良きライバルでもある白州正子との距離間もよかった。

それにしたって伊勢谷友介扮する白州次郎像、かっこ良過ぎです。クラクラします。

| TV | 2010.01.09 Saturday 09:45 |
3月末は熱かった

あしたのジョーCOMPLETE DVD-BOX3月末に、久々に仕事が一段落して、この余裕ある期間に何しよう、アレもやろうコレもやろうなどと、久々の休日に夢膨らませていた時だ。アレは始まった。『あしたのジョー』
BSで毎日毎日5日間もの間、TV版『あしたのジョー』を放映し続けたのだ。1970年〜1971年に放映された全79話あるうちの1話から、力石の死ぬ51話までの間の抜粋37話を・・・。劇場版は何度観たか知れないが、TV版というのは観た記憶がない。ここで劇場版では省略されていたジョーの詳細がわかるのだ。このせっかくの余裕ある期間にありがた迷惑な話だ。いや違う、これは偶然でなく必然なのだ。そう思う。当然どっぶりはまり込んだ。
あの5日間で新たにわかったことは、丹下段平の存在があまりにもデカかったことだ。ただのダミ声の汚いオヤジではなかった。ジョーの指導者であり、父であり、母であり・・・親としてのデカすぎる愛情を見せつけられたような気がする。
特に衝撃的だったのはエンディングテーマの『ジョーの子守唄』である。下手だなぁ〜〜。いったい誰が唄っているのだ。おっつぁんの声をやっている藤岡重慶氏ではなくて、小池朝雄氏という俳優や声優をやっている人のようだ。しかしこの下手さ加減が妙にリアルだし、「立て!立て、立てぇ!」という捻りだしたような叫びもそっくりで熱い。
それと毎回の予告偏のおっつぁんの一言も良かった。毎回「さあ!○×△□のジョーの、明日はどっちだ!!」で締める。ある回ではおっつぁんが熱くなりすぎて予告偏で1分以上しゃべっていたような回があった。更には、ジョーと力石徹の最後の闘いが終わって、もしかして力石死んじゃうのか?という終わり方をした回の次回の予告でおっつぁんは、いきなり大音声で「力石は死んだ!!」と叫んでいた。言っちゃっていいんスか!!とてもビックリした。
TV版の力石が死んだところまでの後は、ジョーが真っ白になっちまう劇場版『あしたのジョー2』が付け足された。これは何度も観ているのでまさかもう泣くまいと思っていたのだが、んなことはない、ジョーとホセが闘っている間中、入れ替わり立ち替わり様々な登場人物の気持ちになって、こんなんなって泣いていたりなんかした。
長かった5日間、私の休日の夜はジョーに捧げた。そして最後はあの唄がもう一度聞きたくて、ビデオを巻き戻した。「立て!立て、立てぇ! 立たなきゃ〜昨日に〜逆もーどーり〜〜」
| TV | 2007.04.10 Tuesday 15:55 |
「見過ごす」ってなんだろう

謎のホームページ サラリーマンNEO DVD-BOX見慣れたような形が並んではいるが、見れば見るほど今まで見たこともない、聞いたこともない言葉だ。でもこれは私が確かに書いた言葉だ。それは忘れもしない、毎週火曜日の夜11時からNHKでやっている『謎のホームページ サラリーマンNEO』についてとあるブログにコメントした時に私が使ったんだ。「最初の15分見過ごしました。‥‥」言いたかったことは本当は「最初の15分見逃した。」ことなのであるが、これでは「最初の15分も見て過ごした、全部見たよ。」ということになってしまうではないか。しかし実はこの「見過ごした」の中には微妙なニュアンスが含まれている。
先ず、この番組の前に別の局でやっていたドラマを見ていた。そのドラマが初回で15分延長版だった。それでうっかりそのドラマを最後まで見てしまい、気づいたら『NEO』が始まっていた。それで15分見逃した。テレビは見ていたけれどもチャンネルを変えるのを忘れた。見て過ごしてしまっているだろう。「寝過ごす」という言葉に似ているだろう。→「見過ごした」が生まれた。のだと苦し紛れに推測する。
補足:『NEO』の中の「サラリーマン語講座」が特にいい。
| TV | 2006.04.27 Thursday 23:58 |
『新選組!』を観て鼻を垂れる

NHK大河ドラマ『新選組!』にすっかりはまってしまっている。私の育ってきた環境はといえば、年寄りと同居ではなかったし、歴史&時代もの好きな父がいたわけでもなく、生まれてこのかた大河ドラマを毎週楽しみに見続けるなどという経験はなかった。しかし今年は脚本が三谷幸喜氏ということで軽い気分で見始めたのだ。
歴史に疎い上に時代劇に慣れていないため、最初はドラマの中でいったい何が起こっているかが全くわからず、感情移入どころではなかったが、一年近くも観ていると時代背景も少しはわかってきたりなどし、登場人物一人一人皆キャラも定着してきたりして、今では登場人物たちと一緒になって一喜一憂し、相当感情移入して観るまでになった。
ベンチャー企業を立ち上げた近藤勇とその部下達のサラリーマン熱血ドラマと云った感じだが、そこに『ゆうひが丘の総理大臣』の青春コメディと『太陽に吠えろ!』の哀愁を盛り込んだような作りになっている。近頃では新選組も幕府の終わりと共に一気に破滅へとばく進中で、1話につきお一人様〜死亡状態、毎週が『太陽に吠えろ!』の殉職の巻のような勢いである。しかも悪役でこのうえなく憎らしかった奴も、こいつも根は悪い奴ではなかった‥‥と暖かい気持ちにさせておいてから死なせたりと、誰が死んでも悲しい状況になるようになっているのだ。今回の『決戦、油小路』もしかり、透かした野郎であった伊東甲子太郎、かわいい奴だった藤堂平助も、いい味出して逝ってしまった。そして今日2回目の放送を観終わった私は1回目以上に鼻をかんでいるのであった。
| TV | 2004.11.06 Saturday 17:28 |