IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
中止の日のバルーンフェス

ゴールデンウィーク5月4日、一族総勢11人で佐久市で行われているバルーンフェスに行った。

バルーンが飛ぶ時間が6:30ということで、中野市出発陣は早朝4:30に出発しないと間に合わないんじゃないかと前夜にスケジュールが取り決められた。

4:30・・・
私にとっては普段寝ることはあっても起きることはない時間に出発とは。
4:30過ぎ、妹から出発したぞとメールがあった。子を持つ親たちの心の強さが感じられる。
長野市出発陣の私たちは5:00出発の予定。


無事会場に到着し、中野市出発陣と合流できたけれど、雨がザンザン降りで絶望的な天気だった。もちろんバルーンも準備すらできないでいる。
でも7:00くらいになったら雨も上がって晴れ間がのぞいてきたりなどし、その辺にいた関係者の話によると、今どうするかミーティングしており、天候によっては9:00くらいにできるかも、ということだった。
諦めて帰ってしまう人達もたくさんいたが、出店もいっぱいあるし、マリオのボヨンボヨンもあるしということで、ぶらぶらしながら待つことにした。
妹一家は朝っぱらから、出店していた長野県内有名ラーメン店のバラ肉の入ったいかにもこってりしたラーメンを旨い旨いとすすっていた。
改めて子を持つ親たちの心の強さを感じた。


8:00 青空も出で天気は良くなったものの、結局のところ風が強いということで、こんだけ集まった大勢の人々の希望も虚しくバルーン競技は中止となった。
競技は中止となったが、せっかく集まった人々に向け、今年新しく制作された佐久市の佐久鯉バルーンと古いバルーン、ドラバルーンを膨らましてくれることになった模様。


佐久鯉バルーンはなかなか見事な出来で、ゆるキャラ超豪華版!という体であった。鯉の口を金太郎が「どうだ!」と云わんばかりにこじ開けて直立しておる。
古い佐久バルーンは「信州佐久〜中部横断自動車道の早期実現〜」とでかでかと掲げられた広告バルーンであった。こちらは輝きを失っておる。
反対側のグラウンドでは、佐久鯉バルーンに対決するかのごとく、巨大ドラえもんが徐々に膨らんできており子供達の期待をめいいっぱい集めていたが、もう一歩のところで風が強くなり断念。情けなく萎んでいった・・・


子供達にはたくさんの気球が飛んでいくところをみてもらいたかったけれど、マリオのボヨンボヨンもやったし、佐久鯉バルーンが見られただけでも面白かったと言ってくれていたので良かった。


ちなみに去年はこんな感じ。
気球が一斉に飛び立った瞬間に、子供達の歓声と拍手が巻き起こってかわいかった。

| family | 2012.05.17 Thursday 15:29 |
弟に仕事が入る

信濃毎日新聞の土曜日の文化面に4月からスタートした「思索のノート」というコーナーで、弟(西澤 諭志)が挿入される写真を月イチ(毎月第一土曜日)で担当することになりました。
ノンフィクション作家の吉岡忍さんの文章に画像が一緒に掲載されます。

「信毎だより」 春の新紙面 4月スタート
(信濃毎日新聞社)
http://info.shinmai.co.jp/info/2012/03/29_005659.php

おとといの早朝に「新聞にサトシが載っている!」と母から電話がかかってきてそのことを知った。
弟は、わりと盆暮れには実家にちゃんと帰ってくるので、生きていることはだいたいわかっているのだけれど、家族としてはやっぱり心配で、他の家族が集まると「サトシはちゃんと生きているんだろうか」となんとなく確認し合う。
今度の仕事は月イチではあるが、1年間あるそうなので、ホントに良かったねえと思った。

その後、ブログに載せろと父からもお達しが来た。
私のブログを姉妹への連絡網だと思っているのではないか。

まあそんなもんなんだけど・・・

| family | 2012.04.09 Monday 14:34 |
父は元気です
その後、父は血圧も普通に高過ぎなくらいの高血圧に戻り、週一で「ラーメン食べるか!」と電話してきます。
父曰く、これまでに最も死ぬかもしれないと思った事件は今回の事件ではなく、機械の修理をしていて感電したときだそうです。
| family | 2012.04.02 Monday 02:28 |
親父がレスキュー隊を呼んだ
家の近所にある激安ラーメン店が大好きな父は、週一で母とそこに食べに来る。私もその都度呼び出されてお相伴に預かっている。昨日はその日であった。

そしてその日の話題は、
あろうことか父が工場で作業中に機械に頭を挟まれてレスキュー隊に救出されたという話題だった!

親父の証言
工場で作業中、機械の調子が悪く、機械の動きのちょっとの隙に何かを直そうとした。
機械からしたらまさかそんな所に人間の頭部があるはずのない所に頭が来た。
機械のセンサーが変に働き変な動きをした。

父の頭部が挟まれた!
圧迫され続けた!

どうにも動きがとれなくなり、携帯で別の部屋で作業をしている母を呼び出そうとした。
慌てて携帯を落とした!
手が届かないので長靴を脱いで長靴でたぐり寄せた。
母に電話したが電波が悪く繋がらなかった(ToT)
しょうがないから自分で119番した。
工場の住所や番地を認識しておらず場所を伝えるのに手こずった(ToT)
すぐに救急車とレスキュー隊が来た。後にパトカーも来た。
機械をどう操作したら圧迫を解除できるか伝えるのに手こずったが、無事操作がわかって事故から30分後、圧迫解除した。
すぐさま立ち上がって「大丈夫だでえ」と言ったら、救急隊に「すぐ立っちゃダメです、寝ていてください!」と注意され、担架に横になり、救急車に運ばれた。
救急隊が無線で「本人は無事ですが頭部が凹んでいます!」と言っていた。

母の証言
母の作業する部屋に救急隊がやって来た。
「おもてで男性が機械に頭部を挟まれて救出されました」と伝えられた。
頭部を挟まれたと聞いて、どえらい無残なことになっていると思った。
真っ青になって出て行くと、父が既に救急車に乗り込んだ状態で、どっちかというとぴんぴんしていた。
「奥さん一緒に乗っていきますか?」と聞かれたが、一緒に行ったら帰りにタクシー代がかかるからやめておこうと思い、後で自分で行くと言った。
近所から野次馬がわらわらと集まってきて騒然となった。

父の証言に戻る
病院に運ばれて、耳の後ろが切れていて13針縫った。
頭部の凹みはみるみるうちに腫れてきたが、骨や脳には今のところ異常は見られなかったらしい。
全治一週間の軽傷だと言われた。
それよりも血圧が270あったらしく、こっちの方が尋常ではないので明日にでも内科に診てもらうべしと言われた。
その後帰宅して、残った仕事をやった。
翌日も、何事もなかったかのように仕事をした。

そしてその次の日、ラーメンを食べに来た。
母は、お父さんの血圧が心配だから塩分を控えた献立にしなくちゃいけないんだと言った。
週二回ラーメンを食べていたのを一回に減らさなくちゃダメなんだと言った。

はあ???

いつもラーメンのスープを麺よりも先に飲み干してしまう父が
「今日は断腸の思いでスープを残すんだ」と言い、スープをたっぷり残した。

これでいいのだ。

ダメだけど。
| family | 2012.01.19 Thursday 21:08 |
野尻湖で泳ぐということ(その2)
今年の7月の終わりの休日に、いざ泳ぐ日が来たと水着を着てクーちゃんを連れて野尻湖に行った。湖に近づくにつれ気温がどんどん下がり、湖に着いたら寒かった。
そうだここは避暑地なんだっけと気づいた。クーちゃんはとりあえず飛び込んだけれど、人間は泳ぐとかそういう感じじゃなかった。
クーちゃんは濡れ鼠のようになって泳いでいた。
実家に着いたら夕方でクーちゃんを洗ってあげる時間がなかった。ごめんなさいごめんなさい。

野尻湖で泳ぎたくなるような勢いづくような暑さで仕事をしなくてよくて何の用事もない休日などなかなかやってこない。
そうこうしているうちにお盆が過ぎ、お盆が過ぎたら急に秋のように寒くなった。夏が終わるのは本当に寂しい。寒さで着膨れて固まっているより、暑い家の中で限りなく薄着でダラダラしている方がよっぽどいい、というかむしろ好き。
野尻湖チャレンジ、やり残したくない一心で気持ちがとても焦っていた。

8月の終わり、また暑さが戻ってきて最後の日曜日、今日がラストチャンスだとまた水着を着てクーちゃんを連れて野尻湖に行った。野尻湖はやっぱり微妙に寒かった。泡も微妙に浮いていて勢いづかない。結局膝くらいのところまでしか入って行けなかった。いくじなし!!

クーちゃんはどうも投げた球を拾ってくることを遊びと思っていない。球をくわえて戻ってはくるが返してくれない。なんとしても人間に取られまいと必死だ。
こちらは犬と遊ぶ気満々なので、返してもらってまた投げるというシステムにしたいが一向にそうならないので、クーちゃんが喜々として球をくわえて岸に戻ってきたところへ、もう一つの球を水面に投げ込む。クーちゃんはくわえてきた球を置いて踵を返し、もの凄い瞬発力で新しい球に向かってザバーンッと水に入って行く。そのヘビーローテンション。

鬼だ。身勝手な人間の鬼の特訓だ。

クーちゃんは球を取られまいと、先の球をくわえたままでもう一つの球を取りに行き、二つを同時にくわえることにも成功したり、取ってきた球を草むらに隠したり、とにかく必死だ。
人間は無情にも隠された球を易々と見つけてきてはまた水に投げ込む。

鬼だ。

そうこうしているうちに、クーちゃんは遂に岸辺に突っ伏し、前足と顎で球を抱え込んで離さなくなった。そして球をよこせと無理矢理奪い取ろうとする夫に対し、キレぎみで「ウ〜〜〜」と唸って抵抗していた。
もらえると思って取ってくる同じ球を何度も取りに行くという果てしない理不尽な行動。意味のわからない人間の行動にほとほと嫌気がさしたという体であった。

そんなケチケチモードのスイッチが入ったクーちゃんとすったもんだやっているところに、偶然にも友人と野尻湖お仲間御一行がやってきて、湖からは友人の野尻湖フレンドのご婦人がシェパードとボートで衝撃的に登場し、健康的に日焼けした筋肉質で引き締まったビキニ姿が日本人離れしており、カッチョイイご婦人だった。別のお友達は早速ザバーンッと水に飛び込んでいた。入ってるよ・・・そうだよあれだよ、北欧のバカンス。

来年はやる・・・と思った。

そしてケチケチモードにしちゃってクーちゃんごめん。
シャンプーできれいに洗って実家にお届けした。

| family | 2011.09.15 Thursday 02:18 |
野尻湖で泳ぐということ(その1)
もう9月だけどまだとても暑い。暑いけれど気持ち的にはもう夏ではない。今年の夏、やり残してあったことがあって、8月の終わりに焦っていた。

野尻湖に行ってクーちゃんと泳いで、その後クーちゃんを洗う。

野尻湖で泳ぐということ。
野尻湖は水上スキーとかヨットとか、お金持ちとか遊び人が行くところでちょっと怖いという印象だった。相当偏っている。
友人は夏になると愛犬と一緒に野尻湖で泳いでいる。また、野尻湖周辺に別荘を持つ方々は普通に泳いでいるらしい。

昨年1回連れて行ってもらったけれど、泳ぐ準備をして行かなかったのでクーちゃんしか泳がなかった。
野尻湖のその遊泳可能エリアは、意外ときれいで砂利の浜辺になっていて海っぽい。
喜々として飛び込んでゆくクーちゃんや、ひたすら友人が投げるボールを泳いで取ってくる友人の愛犬ジタン、水面から頭だけ出してプカプカしている友人。
子供の頃は川や池は危険なところとして泳いではいけないところだったので、海やプールではないところで、しかも動物も一緒に泳いでいるという光景は、何かめちゃくちゃな状況に思え、ずいぶん楽しそうに見えた。来年は私もあのめちゃくちゃな状況の中に入ってみたいと思った。
| family | 2011.09.14 Wednesday 13:00 |
西澤諭志展 ドキュメンタリーのハードコア
会期:3月25日(金)-4月16日(土)
時間:12:00-18:00 (日・月曜休廊)
会場:東京都中央区日本橋茅場町2-13-8 第一大倉ビル1F
SANAGI FINE ARTS
http://www.sanagijima.com/exhibitions/index.html

評判良くやってるみたいっす。
| family | 2011.04.14 Thursday 13:37 |
クーちゃんを泳がせに

久々にクーちゃんを連れ出す。今回はクーちゃんを泳がせる気満々で飯綱の霊仙寺湖に行く。

あまり暑くならないうちにと頑張って朝7時に家を出たものの、自宅から実家、そしてクーちゃん散歩してからの車に乗っけてからの飯綱なので、結局到着が9時ですっかり暑い。やはり5時6時に家を出ないといけないらしい。

とりあえずドッグランで遊ばそうと放ってみた。ひとっ走りして速攻で日陰にへたり込んで動かなくなる。確かにこんなカンカン照りの中遊ぶのヤダかろう、暑かろう。
んではさっそく湖の方へ行きましょう。

五月のミル何のためらいもなく湖に入って行く。夫はこの日のために、シュルシュルとどこまでも伸びるリードを用意していた。シュルシュルと水に入って行き、水面からちょこっと頭を出してうまいこと泳ぐ。かわいい。
『五月のミル』でザリガニ採りをするミッシェル・ピコリを思い出す。

しかし、できるだけ日陰を求めているのか、やたらと葦が密生しているところや水草がワヤワヤと生い茂っているところに突っ込んで行く。私は底の見えない海ですら得体がしれなく入るのが怖いので、あのような藻が足に絡み付くような環境に入って行くクーちゃんの気が知れない。

『地獄の黙示録』撮影全記録 (小学館文庫)夏に野尻湖で犬と一緒に泳いでいるらしい豪快な友人がいるが、野尻湖はどうなんだろう。藻が足に絡み付かないのか。ブラックバスに襲われないのか。でもトライアスロンで泳いで渡ったり、水上スキーをやっているくらいの湖なのできっと普通のことなのだ。きっとフィンランドみたいな「素敵な水浴び」なのだ。友人と愛犬が泳いでいる様、とても興味深い。たぶんおもしろい。

それにしても、ずぶ濡れでヌルッとした真っ黒いクーちゃんが、藻の薄ぼんやりと透けて見える淀んだ湖を泳ぐ様は、『五月のミル』というよりも『地獄の黙示録』だった。

| family | 2010.07.17 Saturday 18:59 |
クーちゃん雪積に放つ

実家のクーちゃんを雪積もる中を駆けまわらせたくて連れ出した。飯山か木島平かわからないけれど、冬場は積雪で誰も足を踏み入れていない模様の千曲川沿いの土手に、雪かきで盛り上げられた雪山を乗り越えて進入する。人間はスノーシューをはいた。

私がスノーシュー装着にもたついている間、クーちゃんはひとしきり穴を掘りまくり、いざ人間の準備が整うと早速すっ飛んで行った。運動に飢えたもう一人の人間もすっ飛んで行った。

どちらかというと人間の方がはしゃいでいる。




| family | 2010.02.04 Thursday 17:40 |
西澤家の弟情報「西澤諭志展」画廊版です


西澤家の弟、西澤諭志が東京のSanagi Fine Artsにて、只今個展をやっております。今回は画廊での開催だそうです。

初日にはオープニングパーティーなるものが催されたようだけれど、画廊のオープニングパーティーってどんな感じなんだろうか。妄想が膨らむ。

日曜祝日月曜は休館のようです。
最近告知ばっかり・・・

『西澤諭志 展 −可視は不可視か−』
会場:Sanagi Fine Arts(サナギファインアーツ)
東京都中央区日本橋茅場町2-13-8
第一大倉ビル1F
2009年10月31日(土)〜12月12日(土)
12:00 - 19:00
日・月・祝日休廊
| family | 2009.11.09 Monday 17:33 |