IDLEDAYS HOME
PROFILE
OTHERS
T
Y
ノーノ分室の音楽

義理の姉の経営しているセレクトショップ「ノーノ分室」で流す音楽提供を頼まれる。
ずいぶん前に提供した時は何枚ものMDで提供した。それから5年10年と年月が流れ、お店のMD/CDプレイヤーは壊れ、次世代マシーンはCD/MP3コンポになっている。
2GBのSDカードを渡された。

別に満タンにしてくれと言われたわけではないけれど、なにかこう余らしているとやりきってないというか、達成感がないというか、精一杯やりきらないと次に行けないというか、一度思ったことを見過ごせないというか・・・

2GBを満タンにしないというのは中途半端な感じがするよねよねよねよねよね・・・
この一度思ってしまった考えが脳から離れない。

分室で流せそうなCDを選び、更にその中から曲を選び出す作業を延々と続ける。
10年も経つと、同じCDからでも選曲が違っていることがわかる。10年前は「あり」だったけれど今は「なし」、10年前は「なし」だったけど今は「あり」。そんな感じで。
人の性格はなかなか変われるもんじゃないというが、長い年月で脳は少しは変わっている。

Sesso Matto サントラシリーズの束の中にアルマンド・トロヴァヨーリの『Sesso Matto』があった。
1973年に制作されたB級イタリア映画らしい。現在はDVDも出ているらしいが映画自体を観たことはない。このCDを買った当時(1993年)は日本で公開されてもいないのに、この年代のイタリア映画のサントラがイケてるらしいという評判でごっそりCD化されていた。

ジャケットのビジュアルもさることながら
邦題は『セッソ・マット(色情狂)』

曲の日本訳タイトルも含めいろいろ気になる・・・

テーマ曲はとてもイケていた。
ビートの効いた軽快なところに、「Sesso Matto」の絶頂コーラス、女性のエロい声と笑い声が絶妙にサンプリングされている。
くだらなそうなムードが匂い立つこの前衛的なナンバーは、何か懐かしさすら感じる。
懐かしい・・・

それは幼き頃、日曜日の午前中にやっていた『ラブアタック』のテーマ。 ナニワのモーツァルト、キダ・タロウ氏の作品と思われる。 あのテーマ曲が大好きだった。真似して歌うのが楽しかった。

上岡龍太郎、横山ノック、和田アキ子が司会を務め、5人くらいの大学生が「かぐや姫」なる女の子の心を射止めようと様々なゲームに挑戦する。最終的にゲームに勝ち残った者が、高台に鎮座するかぐや姫の前に出で、そして告白し、断られ、ヒュ〜〜と椅子ごと堕ちてゆく。上岡龍太郎が無情に叫ぶ。
「奈落の底へ〜〜」

出場する大学生は自己紹介で大学名と学部を叫び、頭脳を全く使わないようなくだらないゲームに尽力し、滑稽であり格好いいとは到底見えない。こんなんで勝ち残ったとしても、この一部始終を見守ってきた「かぐや姫」の心は果たして動くわけないではないか。判断は顔と大学名だけなんじゃないか。
子供心に大学生というのがどういう人種なのかわからなくなった。大学というのは頭のいい人が行くところなんじゃないのか?
よくわからなかったけれど大好きだった。

大分脱線した。

この『セッソ・マット』のメインテーマはイケている。でもこれを聴いているののを誰かに聞かれたとしたら、とても恥ずかしい。イケているけれど、これをおしゃれショップで流すわけにはいかん。10年前は「なし」だった。そして現在も。

Tutto a Posto Niente in Ordi この手のサントラは映画の場面にあてて、二つか三つの曲を、軽快なサンバ調、しれっとしたボサノバ調、ムーディーな感じ、哀愁漂う感じ、残念な感じなど様々なアレンジにしている。
哀愁漂う感じや残念な感じなどはCDを手に入れた当時は全くグッとくるものがなかったものだが、今聴いてみるとなかなか心にグッとくるものがある。
ヘボいけれど素敵な郷愁感。

個人的には「あり」だけれど、分室では「なし」だな。

| music | 2012.04.02 Monday 02:38 |
深夜の酔いどれパーティー

週末、突然に"クラブ"に行こうじゃないかということになる。小さいスペースであるが、予てから好きであった某DJ氏がわざわざこの信州に来るという。先日から気になってはいたが、もうこの歳になると若者が遊ぶ"クラブ"などにはさすがに行ってはならないのではないかと意気地なしな心持ちでいたところに友人から誘いのメールが。

彼女はいつになく行く気満々ノリノリだ。あんたがそれほどノリノリならアタシもそこに乗っかれるわと、夫に宅配ピザをおごって11時過ぎ、夜な夜な現場に送ってもらう。

この狭くて暗くて煙い感じ、とても久しい。
このイベントは某DJ氏の他に、ゲストでavex所属の某麻理子氏のライブもあったのだが、それに合わせてか12時過ぎた頃になって続々と人が集まって来てぎゅうぎゅうになる。チャラついた男子こそいないものの、男率がかなり高く、ほとんど男祭り状態となってワッセワッセと盛り上がる。そこへ麻理子氏登場で「 There must be an angel playing with my heart 」にて歌姫オーラムンムンで歌い上げる。

それにしても近い。近い近いっ!この狭い空間でのことであるからして、美貌の歌姫の歌う半径1mもないのではないかと思われる目前で、ほとんどただの酔っぱらいの男達が一斉にジュリーの「勝手にしやがれ」状態で両手を挙げてユラユラと迫ってくるのだから空恐ろしいのではないか。「長野楽しい〜!!」と叫んではいるものの、彼女の「触るなよ〜!!」という心の叫びも聞こえてくるようであった。見ているこっちもヒヤヒヤしたが、やっぱり男達はハイタッチなど迫っていた。怖いわ。
実際恐怖におののきながら「ち、近いね・・」と呟くシーンもあったデス。

そんな酔っぱらいの集団と歌姫とのくだりも見ていて面白かったが、まあとにかくDJ陣のかける音楽のイケてるったらなく、グラス片手に、絶妙なエフェクトにクラクラしつつ踊ってるのが楽しくってしょうがなかった。まあ自分もただの酔っぱらいだった。

若い時勤めていた職場で、老若男女入り交じり二次会はスナックになだれ込むというシーンが時々あったのだが、誰かがカラオケで歌っていると、グラス片手に踊り出すんだオッサンは。そして若い娘に手を差し出してShall we dance?をするのだ。でもそんな酔いどれオッサンのピュアに楽しそうなのを見るのがとても楽しかった。というかウケた。

まさにそれだ。私は今、そのオッサンの気持ちがわかる。

麻理子氏の出番も終わり、いざ本日のメインDJ氏の出番が来た頃にはあろうことか体力の限界が私たちの身に迫っていた。壁に設置されたグラスを置ける程度のカウンターは手摺りだ。頭もぐらんぐらんとしょうもなく酩酊甚だしい。しかも2杯目に飲んだキューバリバーのコーラの炭酸が体内でブクブクしてきてお腹の調子がおかしくなってきてもいる。友人も時を同じくして「腰が痛い」と訴えてきたので、某DJ氏には本当に申し訳なかったが、本日のお楽しみはお仕舞いとし、千鳥足よろしく階段をやっとのことで這い上がって寒い表に出た酔いどれの深夜1時半。

しかしこの立てない感じ、楽しい。いや楽しかった。ノリノリで誘ってくれた友、そして深夜2時近くにピザ4ピースで迎えにきてくれた夫に感謝するのです。



| music | 2009.03.03 Tuesday 02:23 |
団子も売っている快適コンサート

Sunday Market8月、仕事が一段落してボサーッとテレビを見ていたら、たまたま情報を仕入れた。8月の終わりにゴンチチが須坂市のメセナホールに来るという。これはと思い慌ててチケットを購入した。ゴンチチのコンサートは十何年か前にも一度行ったことがある。その時一緒に行った友人も誘って行った。
須坂のメセナホール、場内に入ると売店らしき一角に人だかりができていた。ゴンチチグッズを求めるファンが我も我もとやっているのかと人垣に近寄ると、どうも売っている人間が料理人風の帽子と白衣姿だ。よく見たら地元のお菓子屋さんが団子や大福餅、おやきなどを販売していた。入場客の中にはアコースティックギターのコンサートということでちょっぴりドレスアップしている女性もいる。ドレスアップしている素敵女子と団子を求める人、白衣に帽子の菓子職人。いろいろな人が混在するコンサート会場。何というおおらかさ、素敵だ、須坂。

6時半、そうだ丁度お腹もすく時間だ。平日だから会社が終わって速効で駆けつけた人にはオアシスのように見えるだろう。友人もそのオアシスにふらふらと近寄って大好物のずんだあんの団子を見つけ、買うというので私もこねつけを買った(正確にいうと買ってもらった)。私は後でゆっくり食べようとズボンのポケットにそのこねつけを忍ばせ、もぎりゲートに向かった。
するとだ、なぜか隣りで同時にゲートを通過しようとした友人がスタッフにとがめられた。友人は団子を食いながらもぎりゲートを通過しようとしていたのだ。ホール内は飲食禁止なので、ここを通過するのはいいがホールに入る前に食べきってくれと注意を受けていた。
そうだよね、ダメだよねー。実は私も席について開演までの間に先程購入したこねつけを食べようと、映画館の感覚でいたことは確かだ。そんな感覚をうっかり持たせる緩い空気があの売店の一角にはあった。団子を食いながらもぎりゲートを通過できるコンサート、素敵だ。

我流一筋「二人でお茶を」が流れてゴンチチの二人が黒いスーツにお揃いの赤いギターで登場した。心地良い音楽と、飄々とした物腰のなにわのおじさま二人のおしゃべり。妙な行動を起こした客にも絶妙につっこみを入れる。『地球一番快適コンサート』素敵だった。
コンサート終了後にはサイン会までも行われ、今度こそゴンチチグッズを我も我もと買い求める人だかりと、サインを求める長蛇の列ができていた。そしてその長蛇の列を横目にフロアに出ると、あの売店もしっかり営業していた。さらに会場の出口に進むと近々行われる布袋寅泰のコンサートのポスターがバーンと張ってあった。団子を買い求める布袋ファン。素敵だ、須坂。
| music | 2007.09.11 Tuesday 15:11 |
ノーノ分室のためのMD制作

本日のオープンに向けて連日手伝いにかり出されていたノーノ分室が無事オープンする。たったの2週間でよくもまあこれだけの店ができたもんだと感心する。かわいらしいラフな洋服や小物、アンティークの鍵や時計、ちょっとした生活道具などが並ぶ、木の匂いがするステキなお店である。オープンに向けてロゴや何かの制作の他に、MD制作も依頼されていた。

Organ Transplants Vol.1 Soundtrack for Synthetic Voices Swing クローカ


リヴィジテッド・クラシックス Elis Regina in London


Marisa Monte Mais Martinis with Mancini STEPPIN’THE NEIGHBORS~Japanese Meets Urban beats~(CCCD)


Brazilian Beats, Vol. 2 No reason No rhyme


1. ORGAN TRANCEPLANTS Vol.1/Stock, Hausen & Walkman (HOT AIR)
2. SYNTHETIC VOICES sound track/MARK BORTHWICK (Abahouse Devinette)
3. SWING/THE MANHATTAN TRANSFER (WARNER MUSIC)
4. CROUKA/Sunaga t Experience (AVEX)
5. BOSSA & BALANCO/BALANCO (Schema Records)
6. BOSSACUCANOVA (KING RECORDS)
7. BRASILIANCE! Influencia do Jazz 1 (PHONOGRAM)
8. ELIS REGINA IN LONDON (PHONOGRAM)
9. MARISA MONTE (TOSHIBA-EMI)
10. MAIS/MARISA MONTE (TOSHIBA-EMI)
11. MARTINIS with MANCINI/HENRY MANCINI (BWG)
12. STEPPIN' THE NEIGHBORS Japanese Meets Urbanbeats (FOR LIFE)
13. BRAZILIAN BEATS 2 (MR BONGO)
14. NO REASON NO RHYME/Sunaga t Experience (READYMADE INTERNATIONAL,JAPAN)
その他、小山田圭吾による『中目黒ラジオ』など、ラジオ音源より
| music | 2005.09.30 Friday 23:21 |
カジェ54

Chapter 1: Latin America2000/スペイン・フランス・イタリア/監督:フェルナンド・トルエバ ある日BS2の深夜映画の予告で告知していたのだが、ラテン・ジャズの記録映画で、出演ミュージシャンの中にガトー・バルビエリとティト・プエンテの名前が出ていたのでこれは見なければいかんと録画したのであった。ラテン・ジャズの大御所らしきミュージシャンが登場し、演奏する。ティト・プエンテはこの後他界したのでこれが最後の映像だったようだ。演奏っぷりはかなり陽気なじいちゃんと思われ、いいっス。
ガトー・バルビエリはベルナルド・ベルトルッチの『ラストタンゴ・イン・パリ』の音楽を手がけていたということで知った。タイトルバックのフランシス・ベーコンの肉々しい絵画とバルビエリの神妙なサックス。音楽と映像とマーロン・ブランドとマリア・シュナイダーのチグハグな痛い恋愛と全部ひっくるめてメチャメチャカッチョよくて何回も観た。それでサントラが欲しくて方々探し回ったが見つからず、とりあえずこの、くわえタバコがフィルターだけで、最後の灰が斜めにかろうじてくっついている男気あふれるジャケのガトー・バルビエリを1枚買ってみたのだ。
これがまたよくて、ビリンバウやクイーカなどの民族楽器をとりいれながらも、民族色にどっぷりつかっている訳でもなく、サックスがイヤにドラマチックで素敵な1枚であった。バルビエリのかけ声もかなりカッチョいい。
| music | 2005.06.27 Monday 19:00 |